タブレット学習・通信教育教材

【2022年12月】進研ゼミ高校講座の資料請求のメリット・デメリット!

進研ゼミ高校講座」は、定期テスト・大学受験の対策向けの通信教育です。

進研ゼミについて調べていて、「まずは資料請求してみましょう」と書かれた記事を目にしたことはありませんか?

資料請求をすれば自宅にパンフレットなどが届くことは容易に想像できますが、資料請求によって具体的にどんなメリットが得られるのか気になりますよね。

また、資料請求によるデメリットも気になるところです。

むらなか
むらなか
そこでこの記事では、進研ゼミを資料請求するメリット・デメリットについて考察した結果を紹介します!

この記事を読めば「資料請求をしてみましょう」と言われる理由がすべてわかるようになっていますので、進研ゼミが気になる方はぜひ目を通してみてくださいね。

本記事のまとめ
  • 進研ゼミの資料請求でもらえるのは2つ
  • 公式パンフレットと無料体験教材が届く
  • 情報を効率的に収集できる
  • 公式HPに掲載されていない情報も知れる
  • 勧誘の電話がくる場合もあるが問題なし
  • 資料請求にデメリットはないので気軽に申し込むべし
進研ゼミ高校講座公式HPキャプチャ

\現役合格に強い/

今すぐ資料請求する(無料)

進研ゼミ公式サイトへ飛びます

進研ゼミ 公式URL:
https://kou.benesse.co.jp/

追記情報(更新:2022年11月30日)

12月11日までに資料請求をすると先行予約でお届けする高校入試対策教材の「入試直前FINAL・苦手攻略シリーズ」を一冊まるごとお届けします!

>>今すぐ資料請求する(無料)

進研ゼミ高校講座の資料請求で何がもらえる?

進研ゼミ高校講座の公式HPにアクセスし、「無料体験教材・資料のお申し込み」の欄から資料請求の申込みをすることができます。

資料請求で届くものは、大別すると以下の2つになります。

資料請求で届くもの
  • 公式パンフレット
  • 無料体験教材

資料請求をしたら上の2つが届くと思っておけばOKです。

公式パンフレットでは、スマホ学習を含む「高校講座」が提供できる学びや教材ラインナップを詳しく解説しています。

無料体験教材については、学年によって届く内容が異なります。

■高1
→授業対策、定期テスト対策、入試対策をお試しできるデジタル教材見本が届く

■高2
→授業対策、定期テスト対策、入試対策をお試しできる問題集が届く

■高3
→入試対策をお試しできる問題集が届く

むらなか
むらなか
公式パンフレットや無料体験教材を活用することで、進研ゼミ高校講座の学習が自分に合うか確認したうえで入会を検討できるわけです。

\現役合格に強い/

今すぐ資料請求する(無料)

進研ゼミ公式サイトへ飛びます

進研ゼミ 公式URL:
https://kou.benesse.co.jp/

進研ゼミ高校講座の資料請求をするメリット

ここでは、「進研ゼミ高校講座」の資料請求をするメリットを紹介します。

情報がコンパクトにまとまっている

進研ゼミに関する情報がコンパクトにまとまっているので、情報を効率よく収集できます。

インターネットを使っても、いろんな情報を入手できます。しかし、インターネットは情報が多すぎるがゆえに、取捨選択の手間がかかるんですよね…。

キャンペーン情報や料金など、情報が古いまま掲載されていることも多いです。

資料請求では、必要かつ最新の情報がコンパクトにまとまったパンフレットや教材を入手できるので、情報収集が楽になります。

むらなか
むらなか
資料請求でもらったパンフレットをもとにして、足りない部分はインターネットで情報収集するとより良いと思います!

公式HPに掲載されていない情報を知れる

資料請求でもらえる冊子には、公式HPには掲載されていない情報もあります。

進研ゼミで得られる学び、教材ラインナップ、問題集の見本など…。

公式HPには、大まかな情報だけが掲載されています。詳しい情報や、実際に手に取らないと分からないような教材については、冊子に掲載しているわけです。

実際に問題演習ができる

資料請求をすれば、公式パンフレットと、無料体験教材が届きます。

無料体験教材を使って、実際にどんな学びができるのか体験できます。

無料体験教材は、進研ゼミの会員に実際に教材としてお届けしたもの、もしくは今後お届けするものの抜粋版です。

体験教材とは言っても、本物の教材の抜粋なので、入会後のイメージがつきやすいです。

\現役合格に強い/

今すぐ資料請求する(無料)

進研ゼミ公式サイトへ飛びます

進研ゼミ 公式URL:
https://kou.benesse.co.jp/

進研ゼミ高校講座の資料請求をするデメリット

逆に、資料請求することでどんなデメリットがあるのかを考察してみました。

勧誘の電話がくる場合あり

資料請求をしてから数日後、「いかがでしたか?入会しませんか?」と、勧誘の電話がかかってくる場合があります。

進研ゼミ(ベネッセグループ)も営利企業なので、入会して欲しいのは当然ですよね。

勧誘の電話がかかってくる場合がありますが、強引に勧誘や営業をしてくることはないと言っていいでしょう。

というのも、進研ゼミ(ベネッセグループ)は大企業なので、ブランドを守るうえでも悪質な営業をやるのはリスクが大きいからです。

勧誘の電話には過度の身構える必要はないのかなと思います。

勧誘の電話と言っても、あくまで「入会の意思があるか?」「不明点がないか?」を確認するのが目的です。

むらなか
むらなか
もし電話がかかってきたら、そのタイミングで進研ゼミに関する不明点や、悩んでいることを相談してみるのも良いと思います。

届くまで時間がかかる

資料請求の申し込み受付後、4日前後(土日祝・年末年始を除く)で届きます。

どんなに早くても、申込みの当日や次の日に届くことは難しいでしょう…。

休日を挟むと最大7日ほどかかる場合もあります。

進研ゼミを体験してみたいと思う方は、到着まで時間がかかることを考えると、資料請求の申し込みは早めにやっておくことをおすすめします。

進研ゼミ高校講座の資料請求をする方法

進研ゼミ高校講座」の資料請求方法をまとめます。

(1)進研ゼミ高校講座の公式サイトへいく

まずは、進研ゼミ高校講座の公式サイトへいきましょう。

(2)「無料体験教材・資料請求」の欄をクリック

「無料体験教材・資料請求」の欄を見つけてください。

メニューの中央より下の方にあります。

(3)申し込みフォームに入力する

必要事項を入力します。

任意のアンケートは回答してもしなくてもOKです。

(4)申し込み完了

以上で資料請求の申込みは完了です。簡単ですよね。

資料は4日前後(土日祝・年末年始を除く)で届きます。

(5)高校講座を体験する

手元に公式パンフレットと無料体験教材が届いたら、パラパラと読み流してみましょう!

【まとめ】進研ゼミ高校講座の資料請求まとめ

今回の記事では、「進研ゼミ高校講座」を資料請求するメリット・デメリットについて解説してきました。

これから進研ゼミを始めようとしている人の参考になっていれば嬉しいです。

本記事のまとめ
  • 進研ゼミの資料請求でもらえるのは2つ
  • 公式パンフレットと無料体験教材が届く
  • 情報を効率的に収集できる
  • 公式HPに掲載されていない情報も知れる
  • 勧誘の電話がくる場合もあるが問題なし
  • 資料請求にデメリットはないので気軽に申し込むべし
進研ゼミ高校講座公式HPキャプチャ

\現役合格に強い/

今すぐ資料請求する(無料)

進研ゼミ公式サイトへ飛びます

進研ゼミ 公式URL:
https://kou.benesse.co.jp/

資料請求は完全に無料です。

資料請求して、進研ゼミが合うと感じたら入会すれば良いし、進研ゼミは合わないと感じたら入会しなくて大丈夫です。

まずは気軽に資料請求してみて、実際にどんな学習ができるのかを試してみましょう。

実際に進研ゼミ高校講座を使っている人の口コミ・評判をまとめている記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

むらなか
むらなか
進研ゼミ高校講座は、日頃の勉強から、定期テスト対策、入試対策(一般・推薦)まで幅広く対応しているのが魅力的です。ぜひ気軽に試してみてください!
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。