オンライン家庭教師・塾

オンライン個別指導塾『スタディコーチ』のメリット・デメリットまとめ!

スタディコーチ」は、東大式学習メソッドを活用した現役東大生・難関大生から指導をうけることができるオンライン家庭教師です。

スタディコーチは目的に応じて特化した8つのコースがあり、自主学習徹底管理コースや中学受験対策コースなどさまざまな専門的コースを用意しているのが特徴です。

そんなスタディコーチですが、ネットでの評判がどうなのかを知りたい人もいると思います。

そこでこの記事では、実際に使った人の口コミを参照しながら、スタディコーチの特徴や良い評判、悪い評判を詳しくまとめていきます。

\東大生・早慶生の個別指導/

無料体験授業に申し込む

スタディコーチ公式サイトに飛びます

スタディコーチ公式URL:
https://studycoach.co.jp/b/

スタディコーチの特徴

運営会社 株式会社Builds
特徴 講師は東大生・早稲田生・慶應生のみ!
対象学年 小学・中学・高校・浪人
1コマの授業時間 60分
入会金 33,000円
月謝(目安) 小学:17,000円〜
中学:20,000円〜
高校:23,000円〜
※料金詳細は公式サイトにお問合せください
必要な機材 パソコンまたはタブレット
オンライン自習室 あり
返金保証制度 なし

講師は東大生・早稲田生・慶應生のみ

スタディコーチでは、東大・早稲田・慶応の現役大学生のみを講師に採用しています。

最難関受験を突破した講師が、わからない問題の解説から勉強方法の指導まで担当します。

一般的な家庭教師のサービスの場合、講師の学歴はピンキリです。スタディコーチの場合は高学歴の講師だけが集まっています。

事前に志望校や子供の成績、コーチの希望を伝えた上で、最適な講師を紹介してもらうことが可能です。

むらなか
むらなか
無料体験の時点で、東大生講師か早慶の講師にするか、自分で選択することができるようになっています!

テレビに出演している講師なども在籍

スタディコーチの講師は、ただ学力が優秀なだけでなく、学習指導経験が豊富で採用テストをクリアした学生が採用されています。

また講師の中には、TBSで放送されている有名テレビ番組「東大王」に出演経験がある東大生も在籍しているようです。

\東大生・早慶生の個別指導/

無料体験授業に申し込む

スタディコーチ公式サイトに飛びます

スタディコーチ公式URL:
https://studycoach.co.jp/b/

スタディコーチを活用するメリット

ここではスタディコーチを活用するメリットについて解説します。

何を勉強すればいいのかが明確になる

スタディコーチでは、講師が生徒一人ひとりに合わせた完全オーダーメイド型のカリキュラムを作成してくれます。

何をどのように勉強すればいいのかが明確となり、迷う心配がありません。

スタディコーチには合計で8つのコースがあり、それぞれ目的別に分かれています。

  • オンライン自習室コース
  • 自主学習サポートコース
  • 自主学習徹底管理コース
  • 逆転合格実現コース
  • 中学受験対策コース
  • 苦手科目克服コース
  • 添削コース

子供の状況とご家庭の要望に合わせて、柔軟にコースを使い分けることができます。コースの選択の時点で「何を勉強すればいいのか」が明確になりますね。

また専用アプリ「Studyplus」を用いて講師が進捗を確認するため、進捗が遅れている場合は、手遅れになる前にフォローしてもらうことが可能です。

オンライン自習室を利用できる

スタディコーチにはオンライン自習室のサービスがあります。

スマホなどで手元を映しながら勉強するオンライン自習室は「見られている緊張感」を持ちながら勉強することができ、集中力アップに繋がります。

また東大生が常駐しているため、わからない問題は質問して、すぐに解決することが可能です。

授業の時間帯を柔軟に設定できる

スタディコーチでは、生徒の都合に合わせて授業の曜日や時間を設定することができます。
受講時間や受講回数は、変更することも可能です。

部活や習い事で忙しい生徒でも、柔軟に時間帯を設定できるため、おすすめです。

スタディコーチのデメリット

ここではスタディコーチを活用する際の注意点について解説します。

返金保証制度がない

スタディコーチには返金保証制度がありません。

入会後、サービスに満足できなかった場合も、返金が受けられないため注意が必要です。

無料体験授業はありますが、念のため返金保証制度もあった方がよいという人は、他の学習サービスの利用をおすすめします。

料金がやや高い

スタディコーチは料金がやや高いです。

入会金は33,000円で、授業料も他のオンライン家庭教師と比べて高い設定です。

スタディコーチと類似のサービスで、同じく東大生から指導を受けられる『トウコベ』では、スタディコーチよりも10,000円ほど安いです。

>>トウコベの評判を見る

なるべく費用を抑えたいという人は、別のオンライン家庭教師を検討する必要があります。

スタディコーチのコース

オンライン自習室コース

オンライン自習室コースとは、全国の学生とzoomで繋いで、切磋琢磨して勉強をするコースです。

手元をカメラで映すためサボることができず、自宅にいながら緊張感をもって勉強に集中できます。

また、常駐している東大生に質問ができるため、わからない問題はすぐに解決することが可能です。

自主学習サポートコース

自主学習サポートコースとは、現役東大生・早稲田生・慶応生による学習計画の設計とチャットによる学習サポートで、効率よく大学受験合格を目指すコースです。

担当コーチと週1回60分の面談を通じて、1週間・1日単位で学習計画を作成します。

わからない問題や勉強の悩みは、チャット機能でいつでも担当コーチに質問・相談が可能です。

自主学習徹底管理コース

自主学習徹底管理コースとは、担当コーチが学習計画の設計から進捗管理まで行い、理解度チェックテストで着実に学力を向上させることができるコースです。

理解度チェックテストの出来具合や1週間の学習進捗をもとに、その後の学習計画を作成するため、最適なカリキュラムの設計が可能です。

逆転合格実現コース

逆転合格実現コースは、学研プライムゼミの映像授業を受けることができ、担当コーチによる学習計画の作成と進捗管理・理解度チェックテストを通して大学受験逆転合格を目指すコースです。

学研プライムゼミの映像授業を活用することで、参考書中心の勉強ではカバーしきれない学習範囲を補うことが可能です。

中学受験対策コース

中学受験対策コースは、担当コーチが苦手科目の克服と中学受験対策を中心に対応してくれるコースです。

中堅校から最難関校まで、幅広い合格実績があります。

最難関校を受験する小学生は、塾と併用してスタディコーチを利用するケースも多いようです。

苦手科目克服コース

苦手科目対策コースとは、数学・英語・国語など、苦手科目に集中的に対応する中高生向けのコースです。

一般的な家庭教師では指導時間内に問題演習を行うのに対し、スタディコーチでは毎回宿題を出し、時間内には問題解説を中心に行うため効率的に学習を進められます。

添削コース

添削コースは、現役東大生による答案の添削が受けられるコースです。

答案は提出後、最短3日で返却されます。

現役東大生による添削と丁寧なアドバイスで、記述力を飛躍的にアップさせることが可能です。

スタディコーチはこんな人におすすめ

受験のプロである東大生の指導を受けたい人

スタディコーチは、受験のプロである東大生の指導を受けたい人におすすめです。

コーチは東大生は早慶生で構成されているため、希望すれば東大生のコーチをマッチングしてもらえるでしょう。

また、現役東大生による添削が受けられる添削コースも用意されています。

指導を受ける目的が明確な人

スタディコーチは、指導を受ける目的が明確な人におすすめです。

オンライン自習室コースや逆転合格実現コース、苦手科目対策コースなど、目的別にコースが分かれているからです。

自分の目的に合ったコースを選択することが大切です。

スタディコーチは向いていない人

マンツーマンより大人数での授業の方がやる気が出る人

スタディコーチは、「マンツーマンより大人数での授業の方がやる気が出る」という人には向いていません。
授業は担当コーチによるマンツーマン指導です。
大人数での授業でないとモチベーションを保てないという人にはおすすめできません。

トウコベ・スタディコーチ・東大毎日塾を比較

ここでは、東大生から指導を受けられるオンライン個別指導サービスを比較します。

比較するのは「トウコベ」「スタディコーチ」「東大毎日塾」の3つです。

公式URL おすすめな人
トウコベの公式サイトキャプチャ画像
トウコベ
https://www.todaikobetsu.net/ 料金の安さを重視

スタディコーチ
https://studycoach.co.jp/ 学習の目的が明確

東大毎日塾
https://www.toudain.com/service/ 勉強法や進路の相談がメイン

返金保証制度を比較

トウコベ」と「東大毎日塾」には、返金保証制度があります。

万が一、サービスに満足できなかった場合、入会金や授業料の返金保証を受けることができます。

どちらも東大生による質の高い指導により、生徒の満足度が高いからこそ返金保証制度の用意が実現できるといえます。

体験授業だけではなく、返金保証制度もほしいという人には、トウコベと東大毎日塾をおすすめします。

質問サービスを比較

トウコベ」と「東大毎日塾」には、24時間質問対応をしてくれるサービスがあります。

わからない問題だけでなく、勉強方法や進路のことまで、東大生にいつでも質問や相談が可能です。

スタディコーチ」には24時間の質問サービスはないため、「24時間いつでも質問対応してほしい」という人は、トウコベか東大毎日塾を選ぶとよいでしょう。

オンライン自習室を比較

オンライン自習室とは、zoomを利用し、オンラインで全国の学生と繋がった状態で勉強ができるサービスです。

トウコベ」にはオンライン自習室がないのに対し、「スタディコーチ」と「東大毎日塾」にはオンライン自習室があります。

「一人で勉強に集中できるか自信がない」という人には、スタディコーチか東大毎日塾をおすすめします。

料金の安さを重視するならトウコベ

トウコベの公式サイトキャプチャ画像

現役東大生が講師を務めるオンライン家庭教師の中では、「トウコベ」が一番リーズナブルです。

東大生講師の指導が受けられるオンライン家庭教師は、講師の質が高い分、料金は高くなりやすいです。

優秀な東大生の時間を拘束することになるため、料金が高くなるのは必然といえます。

その点でトウコベは入会金が19,800円、授業料は月9,900円という低価格です。

教材費や管理費・退会費などはかかりません。

オンライン指導のため教室の家賃がかからないことや、講師の交通費や移動時間分の時給がいらないこと、広告費が抑えられることが安さの要因となっています。

\東大生のオンライン個別指導/

授業料のお問い合わせはこちら

トウコベ公式サイトに飛びます

トウコベ公式URL:
https://www.todaikobetsu.net/

学習の目的が明確ならスタディコーチ

スタディコーチ」も、講師に現役東大生が在籍しています。

スタディコーチは「オンライン自習室コース」や「逆転合格実現コース」、「苦手科目対策コース」など、学習の目的別にコースが用意されています。

学習の目的が明確な人には、最適なコースが選べるためおすすめです。反対に、学習の目的が明確でない場合は、他の学習サービスを選んだ方がよいかもしれません。

\東大生・早慶生の個別指導/

無料体験授業に申し込む

スタディコーチ公式サイトに飛びます

スタディコーチ公式URL:
https://studycoach.co.jp/b/

オンライン個別指導塾『スタディコーチ』のメリット・デメリットまとめ!「スタディコーチ」は、東大式学習メソッドを活用した現役東大生・難関大生から指導をうけることができるオンライン家庭教師です。 スタデ...

勉強法や進路の相談がメインなら東大毎日塾

東大毎日塾」は、専属東大生メンターから毎日指導が受け放題の、個別指導塾です。

勉強法や進路の相談がメインであれば、東大毎日塾がおすすめです。

東大生に24時間いつでも質問や相談が可能で、最難関大学の受験を乗り越えた東大生が生徒一人ひとりに専用の学習プランを作成します。

また日々の声かけで着実にプランを実行するよう、サポートしてくれます。

東大毎日塾とは?評判はいいの?特徴・料金・口コミ・使い方を紹介「東大毎日塾」は、専属の東大生がメンターとなり指導をしてくれるオンライン個別指導塾です。全国47都道府県、どこにお住まいでも指導を受けら...

スタディコーチのよくある質問

ここではスタディコーチに関するよくある質問とその回答を紹介します

スタディコーチの講師はバイトだけど大丈夫?

スタディコーチの講師は、バイトですが質は高いといえます。

講師は全員、厳格な選考を通過した現役の東大生と早慶生で構成されているからです。

優秀な現役大学生の中から、相性抜群の講師をマッチングしてもらえるため安心です。

【まとめ】スタディコーチの口コミ評判

スタディコーチの特徴や評判についてご紹介しました。

ガッツリ授業を受けたい人は、スタディコーチと提携している「学研プライムゼミ」の映像授業を利用することもできます(中学生以上が対象)。

\東大生・早慶生の個別指導/

無料体験授業に申し込む

スタディコーチ公式サイトに飛びます

スタディコーチ公式URL:
https://studycoach.co.jp/b/

学研プライムゼミの口コミ評判は?塾なしで大学合格した筆者が解説! 学研プライムゼミの口コミは? 塾に通わず自宅で授業を受けたい… 学研プライムを受講する価値はあるの? ...
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。