タブレット学習・通信教育教材

【中学生】田舎では塾より通信教育がいい?おすすめ教材を紹介!

出典:Yahoo!知恵袋

上の質問者のように、「田舎では塾より通信教育の方がおすすめ?」と気になる方は多いと思います。

住んでいる地域が田舎だと、塾が少なかったり、通塾まで時間がかかったりする場合がありますよね。

結論から言うと、田舎であれば通信教育は非常におすすめです。

塾よりも安く、移動時間がかからない点などメリットが多いです。

むらなか
むらなか
この記事では、田舎では塾よりも通信教育がおすすめな理由と、使うべき教材について紹介します。

田舎では塾よりも通信教育がおすすめな理由

ここでは、田舎では塾よりも通信教育がおすすめな理由を紹介します。

全国どこでも質の高い教材で学べる

塾や個別教室、家庭教師は地域によって質が異なります。

例えば、その地域周辺の大学生がアルバイトで先生をすることもあるでしょう。そのため、どうしても学びの地域格差が発生してしまうのが現状です。

一方、通信教育であればプロが監修した教材や授業を全国平等に受講できます。

どこにいても変わらない質で学べる通信教育は、田舎の人にとくにおすすめの勉強法と言えるでしょう。

塾に行くための移動時間がかからない

都会は公共交通機関が充実しているため、その運行本数や時間によって勉強に影響が出ることは少ないかもしれません。

しかし、田舎は運行本数が少なく、時間に左右されてしまうことが多々あります。車で移動する場合でも、信号や道路の込み具合で移動時間が変わってくるでしょう。

その点、通信教育であれば移動を気にする必要がないので、勉強だけに集中できます。

また、保護者の方の送迎が不要なのもメリットの一つです。

塾よりも安く受講できる

塾を運営するには土地代や人件費がかかるため、その分授業料も高額になります。

文部科学省の平成30年に行われた調査によると、塾にかかる毎月の平均支出は小学生が約19,700円、中学生が約22,800円、高校生が約25,900円です。

対する通信教育は、運営側が塾の設置にかかるコストを抑えられるため、授業料を安く設定できます。

生徒側も、交通費がかからない上に、より安い受講料で勉強に取り組めるのです。

自分のペースで学習できる

通信教育は、自分の好きな場所や好きな時間に学習できるのもメリットです。

塾などの集団授業は周りのペースに合わせる必要があるため、思うように勉強できない人もいるでしょう。

通信教育であれば、自分の力量に合わせて学習のペース配分を決めることができます。

しかし、管理をしてくれる人がいないため、自己管理が必要である点には注意が必要です。

田舎在住におすすめの通信教育

ここでは、田舎在住の方からも利用者の多い、おすすめの通信教育を紹介します。

進研ゼミ:定期テスト対策・入試対策

デメリット

良くも悪くも基本問題が中心です。難関校志望、ハイレベルな問題を解きたいならZ会の方が向いているでしょう。一方で、まずは自宅学習の習慣をつけたい方や、苦手を克服したい方には進研ゼミは間違いなくおすすめの教材です。

メリット

業界最大手・利用者No.1の進研ゼミだからこそ、幅広い人に対応した教材です。解説も丁寧で分かりやすく、費用も低価格でコスパ抜群。だから続けやすいです。塾や他の教材との併用もできます。

進研ゼミは、ベネッセが長年運営している大人気の通信教育。

学校の授業や定期テストに合わせて基礎学力をしっかりつけるなら、進研ゼミ中学講座はとても利用しやすい教材です。高校受験の対策にも対応しています。

イラストやアニメーション、図解が多いのが特徴で、難しい問題でも視覚的に理解しやすいです。

むらなか
むらなか
「通信教育は初めて!」「自宅学習の習慣をつけたい!」「定期テストで良い点を取りたい!」という方に進研ゼミはおすすめです。

正直言うと、進研ゼミはどんな人でも幅広く使える教材なので、教材選びで迷ったら進研ゼミを選べばいいんじゃないかな…と思います。

目標・志望高校に合わせて学習の難易度を調整できる

中1・中2はスタンダードコースかハイレベルコースを選択可能。中3は受験総合コースか難関挑戦コースか最難関調整コースを選択可能です。(※途中で変更可能)

お子さんの学習理解度に合った選択が柔軟にできるため、問題が「簡単すぎる」「難しすぎる」ことで困ることはありません。

オンラインライブ授業がある

進研ゼミのオンラインライブ授業は、塾のような授業が自宅で受けられるサービスです。

これはスマイルゼミやZ会のような他の通信教育にはない強みです。

オンラインライブ授業とは

  • 週1回が基本で、双方向のオンラインライブ授業
  • 顔出し不要。マイクも使いません
  • 質問専用スタッフがいるので、わからないことをチャットで質問すればその場で回答が返ってきます
  • ハイブリッドスタイルを選んでもオリジナルスタイルを選んでも、追加受講費ゼロで利用可能です
  • オンライン授業の録画は見放題
むらなか
むらなか
苦手になりやすくテストや入試によく出るテーマを厳選した授業なので、部活などで忙しい中学生でも、効率的に理解を深めることができます。

双方向の参加型オンラインライブ授業で理解を深め、タブレットの個別レッスンで解く力をつけることで、より深い理解とテスト・入試で解ける力が手に入ります。

「赤ペン先生」の添削指導がある

赤ペン先生の添削課題の提出は、ハイブリッドスタイルとオリジナルスタイルのどちらでも、スマホアプリを使って簡単に提出できます。

添削してもらった答案は、進研ゼミのWeb上のマイページ内に返却されます。

赤ペン先生の添削は、正解不正解だけではなく「どうしてそうなるのか」の解説までコメントしてくれるのが助かります。

無料の資料請求あり

公式サイトから資料請求をする(無料)と、進研ゼミ中学講座の情報がまとまった資料と体験教材が貰えます。

資料請求は完全無料。無理な営業などはありませんので、とりあえず申し込みだけしておくと情報収集が楽になるのでおすすめです。

\中学生利用者数No.1/

資料請求・入会はこちら

進研ゼミ公式HP↑

進研ゼミ公式HP:
https://chu.benesse.co.jp/

進研ゼミ中学生の口コミはどう?良い評判・悪い評判を総まとめ!この記事では、進研ゼミ中学講座の悪い評判から良い口コミまで、すべて実際の体験談や評判をもとに検証した結果を紹介します。...

すらら:勉強が苦手

すららの公式HP

デメリット

進研ゼミやスマイルゼミなどと違って、すららは自分で端末(パソコンまたはタブレット)を準備する必要があります。

メリット

勉強の苦手な中学生に最もおすすめな教材。さかのぼり学習のシステムが非常に優れており、基礎から丁寧に学びなおしができます。学習設計サポートあり。

すららは、利用者数40万人以上のオンライン教材。

  • 進研ゼミやスマイルゼミ
    →学校の授業や定期テストに合わせて毎月教材が届く
  • すらら
    →お子さんのペースに合わせて自由に調整できる

すららには学年という概念がありません。苦手分野が多い子の場合なら、今の学年に関係なく2年でも3年でもさかのぼって、理解できない箇所からやり直すことができます。

穴を見つけて埋めることを繰り返していくことで、「できた!」という成功体験が積み上がり、お子さんの基礎学力とやる気が自然と高まります。

むらなか
むらなか
「勉強が嫌いな子」「発達障害や不登校の特性がある子」「進研ゼミなどが合わなかった子」はすららを選ぶのがいいでしょう!

無学年方式だから、さかのぼり学習で苦手克服できる

すららの大きな特徴は、無学年方式を採用している点。

無学年方式だから、自分の学力に合わせて自分のペースで学習範囲・学習量を調整することができます。

むらなか
むらなか
単純に学年をさかのぼるだけでなく、すららは「串刺し式」と言われている複数の学年に渡ってつながった単元の復習ができます。

例えば、小3の時計でつまづいた場合、小1や小2の時計の単元にすぐに戻れます。
他の小2の単元を理解できているのなら、小2全部の範囲まで学習し直す必要はありません。

すららコーチが学習設計をサポートしてくれる

すららでは現役塾講師のすららコーチがサポートにつき、お子さん一人ひとりの特性・特徴に合わせて学習設計してくれます。

すららの「無学年学習」は自由度の高さから自分に合った学習箇所を見失うことがあり、大人がある程度コントロールして上げる必要があります。

そこで、すららコーチがお子さんの学習目標や進捗状況について情報交換をします。

すららコーチは保護者向けのサポートで、お子さんと直接やりとりすることはありません。

週1回~月1回程度のやり取りをメールかLINEで行います。

発達障害や不登校のお子さん向けサポートも充実

すららは、発達障害や不登校におすすめできる要素が豊富です。

  • 発達障害の専門家が監修
  • 発達障害・不登校児童への指導経験豊富な「すららコーチ」がサポート
  • いろいろな五感を使った飽きない学習システム
  • 人間ゼロなので1人でも進められる
  • 不登校でも出席扱いにできる制度がある
  • 自信や集中力を崩さず短時間で学習できる

上記のようにサポートが充実した教材は、すらら以外にありません。

すららは、苦手分野が多い子だけでなく、発達障害や不登校のお子さんにも非常におすすめの教材です。

無料の資料請求あり

すららが良さそうだと思ったら、まずは資料請求で情報収集をしてみましょう。

\12月限定で入会金無料!/

資料請求・入会はこちら

すらら公式サイトに飛びます

すらら公式URL:
https://surala.jp/

すららの口コミは?最悪という評判は本当?実際に使った体験談を紹介!すららは最悪って本当?この記事では、すららの口コミ評判、デメリット、他の教材と比較した時の感想などを包み隠さずご紹介します。記事を読むことで、すららは勉強嫌いな子や、発達障害・不登校のお子さんにおすすめであることが分かります。...

【まとめ】田舎では通信教育がおすすめ

田舎在住であれば、塾に通うのも良いですが、通信教育も使うメリットが大きいです。

通信教育のメリット
  • 全国どこでも質の高い教材で学べる
  • 塾に行くための移動時間がかからない
  • 塾よりも安く受講できる
  • 自分のペースで学習できる

ぜひ利用してみてください。

【2022年12月】中学生におすすめの通信教育ランキング14選!目的別に紹介!この記事では中学生におすすめの通信教育をご紹介します。それぞれの教材を徹底的に比較し、どんな人におすすめなのか、どう違うのか、どれを選ぶべきか、を分かりやすく解説します。...
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。