通信教育

中学生の通信教育おすすめ5選!選び方・難易度の違いを丁寧に解説!

中学生向けの通信教育が気になってる…
自宅でも勉強習慣を身につけてほしい!

中学生の勉強に関して、上のような悩みを抱えている方は多いでしょう。

近年の通信教育はだいぶ進化していて、通信教育だけでも学習習慣が身につき、成績を上がるための工夫が盛りだくさんです。

たとえば特に人気の進研ゼミの場合、お子さんに合った学習内容を提案してくれるので、忙しい毎日でも取り組めます。

また、すららの場合、学年をさかのぼって基礎から学び直しができるので、学校の授業についていけない生徒に利用者が多いです。

このように、デジタルの通信教育であれば、お子さん1人ひとりに合わせた学習をすることができます。

むらなか
むらなか
この記事では、そんな中学生におすすめの通信教育と、各教材の選び方などを解説します!

何から勉強したらいいのか分からない場合や、ちゃんと勉強しているのになかなか成績が上がらない場合には、学ぶべき内容や学習のやり方自体を指導してくれる通信教育は効果的ですよ。

ざっくりまとめると…
  • 通信教育なら自分の目標や理解度に合わせて勉強できる
  • 個別指導だから成績が伸びる
  • 効率のよい勉強法や自分に合った学習ペースが身につく
  • デジタル教材なら映像授業で理解しやすい
  • 部活や習い事で忙しいお子さんにもおすすめ
  • 高校受験の情報も届くので安心
  • おすすめはスマイルゼミすららなど
  • 一番のおすすめは利用者No.1の進研ゼミ

\中学生の成績アップに強い/

進研ゼミ公式サイトはこちら

上記から資料請求や入会に申し込めます

好きなところから読む
  1. 中学生向け通信教育の失敗しない選び方
  2. 進研ゼミ中学講座:利用者No.1の安心感
  3. スマイルゼミ:タブレット1台でシンプルに
  4. すらら:基礎から学びなおしたい中学生に
  5. Z会:難関校の受験を意識したい中学生に
  6. スタディサプリ:授業の予習・復習を手軽に
  7. Twitterでの中学生の通信教育の評判は?
  8. まとめ:中学生の通信教育

中学生向け通信教育の失敗しない選び方

対象レベル:すべての中学生

中学生の勉強に役立つサービスがたっぷり
進研ゼミ:最も有名な通信教育。オンラインライブ授業あり、添削指導あり、質問機能あり。総じて完成度が非常に高く、幅広い人に対応している教材です。

タブレット1台に完結させて家にモノを増やしたくない
スマイルゼミ:進研ゼミと基本は同じだが、こちらの方が全体的にシンプル。専用タブレットだけで学習する教材なので、家にモノが増えずに、勉強だけに集中できます。

対象レベル:勉強が苦手な中学生

基礎から丁寧にやり直して少しずつ成績を上げていきたい
すらら:勉強の苦手な中学生に最もおすすめな教材。さかのぼり学習のシステムが非常に優れており、基礎から丁寧に学びなおしができます。学習設計サポートあり。

対象レベル:勉強が得意な中学生

学びたい内容がピンポイントである
スタディサプリ:小4〜高3の内容の授業動画が見放題で、授業は非常に分かりやすい。学校や塾の授業の予習復習に使うのがおすすめ。

難関校の受験を意識して応用問題や記述問題に取り組みたい
Z会:難関校への合格実績多数。1問で多くを学びとれる「良問」揃い。記述問題の添削指導でしっかりとした実力をつけれます。1教科だけの受講も可能。

むらなか
むらなか
各教材ごとに無料で資料請求や体験ができます。まずは手元で試してみて、あなたのお子さんと相性が合うか確かめてみるのがおすすめです!

以降では各教材について詳しく紹介します。

進研ゼミ中学講座:利用者No.1の安心感

料金 約7000円/月
対象レベル すべての中学生
学習スタイル 「専用タブレット+紙」または「紙の教材のみ」
学べる教科数 9教科
ライブ授業 あり
添削指導 あり
質問機能 あり
デメリット

良くも悪くも基本問題が中心です。難関校志望、ハイレベルな問題を解きたいならZ会の方が向いているでしょう。一方で、まずは自宅学習の習慣をつけたい方や、苦手を克服したい方には進研ゼミは間違いなくおすすめの教材です。

メリット

業界最大手・利用者No.1の進研ゼミだからこそ、幅広い人に対応した教材です。解説も丁寧で分かりやすく、費用も低価格でコスパ抜群。だから続けやすいです。塾や他の教材との併用もできます。

進研ゼミは、ベネッセが長年運営している大人気の通信教育。

学校の授業や定期テストに合わせて基礎学力をしっかりつけるなら、進研ゼミ中学講座はとても利用しやすい教材です。高校受験の対策にも対応しています。

イラストやアニメーション、図解が多いのが特徴で、難しい問題でも視覚的に理解しやすいです。

むらなか
むらなか
「通信教育は初めて!」「自宅学習の習慣をつけたい!」「定期テストで良い点を取りたい!」という方に進研ゼミはおすすめです。

正直言うと、進研ゼミはどんな人でも幅広く使える教材なので、教材選びで迷ったら進研ゼミを選べばいいんじゃないかな…と思います。

子どもに合った学習スタイルと難易度が選べる

進研ゼミでは、どの学年でも、2つのスタイルから学習スタイルが選べるようになっています。(※途中で変更可能)

ハイブリッドスタイル 専用タブレット+紙テキストで学ぶスタイル
オリジナルスタイル 紙テキストだけで学ぶスタイル

どちらを受講しても同レベルの学力を身につけることができます。

むらなか
むらなか
おすすめは専用タブレットで学ぶハイブリッドスタイルです。デジタル教材だからこそ、紙テキストにはないメリットを得られます。

ハイブリッドスタイルのメリット

  • 自分に合った学習内容を提案してくれる
  • 動画やアニメーションの解説で視覚的に理解できる
  • 理解度や正誤パターンに合わせて問題や解説を提示
  • 間違えた問題を繰り返し解き直すことができる

タブレットというデジタル機器だからこそ、映像や音声で理解しやすく、理解度や学習の進み具合に応じておすすめの学習内容を自動的に提案してくれます。

ハイブリッドスタイルの場合でも、「定期テスト 厳選予想問題」や「定期テスト 暗記BOOK」のような紙のテキストも届きます。タブレットと紙テキストの両方をバランスよく使って勉強したいという方には嬉しいポイントです。

目標・志望高校に合わせて学習の難易度を調整できる

中1・中2はスタンダードコースかハイレベルコースを選択可能。中3は受験総合コースか難関挑戦コースか最難関調整コースを選択可能です。(※途中で変更可能)

お子さんの学習理解度に合った選択が柔軟にできるため、問題が「簡単すぎる」「難しすぎる」ことで困ることはありません。

オンラインライブ授業がある

進研ゼミのオンラインライブ授業は、塾のような授業が自宅で受けられるサービスです。

これはスマイルゼミやZ会のような他の通信教育にはない強みです。

オンラインライブ授業とは

  • 週1回が基本で、双方向のオンラインライブ授業
  • 顔出し不要。マイクも使いません
  • 質問専用スタッフがいるので、わからないことをチャットで質問すればその場で回答が返ってきます
  • ハイブリッドスタイルを選んでもオリジナルスタイルを選んでも、追加受講費ゼロで利用可能です
  • オンライン授業の録画は見放題
むらなか
むらなか
苦手になりやすくテストや入試によく出るテーマを厳選した授業なので、部活などで忙しい中学生でも、効率的に理解を深めることができます。

双方向の参加型オンラインライブ授業で理解を深め、タブレットの個別レッスンで解く力をつけることで、より深い理解とテスト・入試で解ける力が手に入ります。

「赤ペン先生」の添削指導がある

赤ペン先生の添削課題の提出は、ハイブリッドスタイルとオリジナルスタイルのどちらでも、スマホアプリを使って簡単に提出できます。

添削してもらった答案は、進研ゼミのWeb上のマイページ内に返却されます。

赤ペン先生の添削は、正解不正解だけではなく「どうしてそうなるのか」の解説までコメントしてくれるのが助かります。

進研ゼミ中学講座の料金表

12ヶ月一括払い 6ヶ月一括払い 毎月払い
中1(ハイブリッドスタイル) 6,570円/月 7,230円/月 7,670円/月
中1(オリジナルスタイル) 6,110円/月 6,540円/月 6,980円/月
中2 6,110円/月 6,780円/月 7,190円/月
中3 6,890円/月 7,520円/月 7,980円/月

進研ゼミ中学講座の料金は、基本的に月額料金のみになっています。

むらなか
むらなか
上記の表のとおり、ざっくり約7000円/月ですね。

この記事で紹介している他の通信教育は、おおよそ9000円/月です。いかに進研ゼミはコスパが良いかが分かるかと思います。

※ハイブリッドスタイルを受講する方は、6ヶ月以上継続受講した場合に専用タブレット代金は0円になります。ただし6ヶ月未満で退会または学習スタイル変更の場合は9,900円かかります。

>>公式サイトで詳しい料金を見る

無料の資料請求あり

進研ゼミでは無料で資料を取り寄せて手元で詳しく調べることができます。

教材に関するパンフレットだけでなく、お子さんの学年に合わせた体験見本なども送られてくるので、入会後のイメージをより具体的につかむことができます。

\中学生の成績アップに強い/

資料請求・入会はこちら

資料請求のみならお金は一切かかりません

進研ゼミ中学講座の口コミはどう?良い評判・悪い評判を総まとめ!この記事では、進研ゼミ中学講座の悪い評判から良い口コミまで、すべて実際の体験談や評判をもとに検証した結果を紹介します。...

 

スマイルゼミ:タブレット1台でシンプルに

料金 標準クラスは約8,000~9,000円/月
特進クラスは約16,000円/月
対象レベル すべての中学生
学習スタイル 専用タブレットのみ
学べる教科数 9教科
ライブ授業 なし
添削指導 なし
質問機能 なし
デメリット

進研ゼミと比較すると、料金は高く、ライブ授業・添削指導・質問機能がありません。

メリット

スマイルゼミは書いて学ぶことに力を入れています。独自のタブレットとペンは非常に高性能。その専用タブレット1台にすべての教材が配信されるので、家のスペースは圧迫されることなく、シンプルに勉強に集中できます。

スマイルゼミは、進研ゼミに並ぶ勢いで人気のタブレット教材です。

進研ゼミと比べると、スマイルゼミの方がシンプルな感じです。

学習がすべてタブレット1台に完結しており、アニメやキャラクターもほとんど出てきません。子どものモチベーションを上げるような工夫は進研ゼミより少ないため、自宅学習にある程度慣れている子におすすめの教材と言えます。

むらなか
むらなか
進研ゼミよりもスタイリッシュな教材が良いな〜という子にスマイルゼミはおすすめです。

書く学びにこだわった高性能タブレット

スマイルゼミでは、書きながら思考力を育てていく学習方法が特徴です。

「書いて勉強したほうが知識が定着しやすい」と思う方、いませんか?
そういう方にスマイルゼミはおすすめです。

書く学びを重視しているスマイルゼミでは、独自のタブレットとペンを使います。

スマイルゼミの専用タブレットでは画面に手をついて書くことができます。(※iPadなどの通常タブレットでは手をつきながら書けません)

高性能のデジタイザーペンは、鉛筆のような書き味で、細かな文字でもストレスなく書くことができます。

英語学習に強い

スマイルゼミは9教科学べる通信教育ですが、中でも英語学習の質の高さは目をみはるものがあります。

スマイルゼミの英語は「スピーキング」「リスニング」「リーディング」「ライティング」の4技能をバランスよくカバーしています。

むらなか
むらなか
特に「スピーキング」と「リスニング」には優れており、ネイティブの正しい発音を身につけることができます。

タブレットに向かって実際に英語を発音することでタブレットが正しい発音か判定してくれる機能は、特許を取得しているようです。

実際体験すると、カタコトの日本語っぽい英語では合格判定がもらえず、ネイティブに近い発音でないと合格できませんでした。これは英語力が付きますね。

このように英語学習に優れたスマイルゼミですが、さらに英語力を伸ばしたい方は、オプションで英語プレミアムいう講座を追加できます。英検対策に推奨されています。

スマイルゼミ中学生の料金表

標準クラスの月額料金

12ヶ月一括払い 6ヶ月一括払い 毎月払い
中1 7,480円/月 8,140円/月 8,580円/月
中2 8,580円/月 9,240円/月 9,680円/月
中3 9,680円/月 10,340円/月 10,780円/月

特進クラスの月額料金

12ヶ月一括払い 6ヶ月一括払い 毎月払い
中1 14,080円/月 14,960円/月 15,840円/月
中2 15,180円/月 16,060円/月 16,940円/月
中3 16,280円/月 17,160円/月 18,040円/月

スマイルゼミは、標準クラスであればおおよそ約8000~9000円/月です。

入会後2週間は全額返金保証の制度があります。

スマイルゼミの体験会が首都圏を中心に定期開催されているので、入会前に試したい方はぜひ公式サイトから今後の開催予定をチェックしてみてください。

>>公式サイトで詳しい料金を見る

無料の資料請求あり

スマイルゼミでは資料を取り寄せて手元で詳しく調べることができます。

\タブレット1台で全て学べる/

とりあえず資料請求する(無料)

資料請求のみならお金は一切かかりません

スマイルゼミ中学生の口コミは?最悪という評判&実際に体験した感想を総まとめ!【最新】話題沸騰中の大人気タブレット学習教材「スマイルゼミ」の中学生コースの評判・口コミを徹底調査!「最悪」という悪い口コミから、「やりすぎ」なくらい熱中してしまう良い評判まで、体験談を交えながらご紹介!...

 

すらら:基礎から学びなおしたい中学生に

料金 約9000円/月
対象レベル 勉強が苦手な中学生
学習スタイル お手持ちのパソコン・タブレット
学べる教科数 5教科
ライブ授業 なし
添削指導 なし
質問機能 あり
デメリット

進研ゼミやスマイルゼミなどと違って、すららは自分で端末(パソコンまたはタブレット)を準備する必要があります。

メリット

勉強の苦手な中学生に最もおすすめな教材。さかのぼり学習のシステムが非常に優れており、基礎から丁寧に学びなおしができます。学習設計サポートあり。

すららは、利用者数40万人以上のオンライン教材。

  • 進研ゼミやスマイルゼミ
    →学校の授業や定期テストに合わせて毎月教材が届く
  • すらら
    →お子さんのペースに合わせて自由に調整できる

すららには学年という概念がありません。苦手分野が多い子の場合なら、今の学年に関係なく2年でも3年でもさかのぼって、理解できない箇所からやり直すことができます。

穴を見つけて埋めることを繰り返していくことで、「できた!」という成功体験が積み上がり、お子さんの基礎学力とやる気が自然と高まります。

むらなか
むらなか
「勉強が嫌いな子」「発達障害や不登校の特性がある子」「進研ゼミなどが合わなかった子」はすららを選ぶのがいいでしょう!

無学年方式だから、さかのぼり学習で苦手克服できる

すららの大きな特徴は、無学年方式を採用している点。

無学年方式だから、自分の学力に合わせて自分のペースで学習範囲・学習量を調整することができます。

むらなか
むらなか
単純に学年をさかのぼるだけでなく、すららは「串刺し式」と言われている複数の学年に渡ってつながった単元の復習ができます。

例えば、小3の時計でつまづいた場合、小1や小2の時計の単元にすぐに戻れます。
他の小2の単元を理解できているのなら、小2全部の範囲まで学習し直す必要はありません。

すららコーチが学習設計をサポートしてくれる

すららでは現役塾講師のすららコーチがサポートにつき、お子さん一人ひとりの特性・特徴に合わせて学習設計してくれます。

すららの「無学年学習」は自由度の高さから自分に合った学習箇所を見失うことがあり、大人がある程度コントロールして上げる必要があります。

そこで、すららコーチがお子さんの学習目標や進捗状況について情報交換をします。

すららコーチは保護者向けのサポートで、お子さんと直接やりとりすることはありません。

週1回~月1回程度のやり取りをメールかLINEで行います。

発達障害や不登校のお子さん向けサポートも充実

すららは、発達障害や不登校におすすめできる要素が豊富です。

  • 発達障害の専門家が監修
  • 発達障害・不登校児童への指導経験豊富な「すららコーチ」がサポート
  • いろいろな五感を使った飽きない学習システム
  • 人間ゼロなので1人でも進められる
  • 不登校でも出席扱いにできる制度がある
  • 自信や集中力を崩さず短時間で学習できる

上記のようにサポートが充実した教材は、すらら以外にありません。

すららは、苦手分野が多い子だけでなく、発達障害や不登校のお子さんにも非常におすすめの教材です。

すららの料金表

3教科(国数英)コースの月額料金

4ヶ月継続 毎月お支払い
小中コース 8,228円/月 8,800円/月
中高コース 8,228円/月 8,800円/月

4教科(国数理社)コースの月額料金

4ヶ月継続 毎月お支払い
小中コース 8,228円/月 8,800円/月

5教科(国数英)コースの月額料金

4ヶ月継続 毎月お支払い
小中コース 10,428円/月 10,978円/月
中高コース 10,428円/月 10,978円/月

>>公式サイトで詳しい料金を見る

無料の資料請求あり

すららが良さそうだと思ったら、まずは資料請求で情報収集をしてみましょう。

\すらら:5月限定で入会金無料

資料請求はこちら(公式サイト)

※資料請求のみならお金は一切かかりません

すらら公式URL:
https://surala.jp/

すららの最悪な口コミ・良い評判を総まとめ!入会前に最低限知っておいて!すららの評判、デメリット、他の教材と比較した時の感想など、この記事では「すらら」について包み隠さず解説します。失敗しないために、知っておくべき情報も網羅的にお伝えします。...

Z会:難関校の受験を意識したい中学生に

料金 1教科だけの受講:約2000円/月
5教科セット受講:約9000円/月
対象レベル 勉強が得意な中学生
学習スタイル 「タブレットのみ」または「紙の教材のみ」
学べる教科数 5教科(※1教科だけの受講も可能)
ライブ授業 なし
添削指導 あり
質問機能 あり
デメリット

難しすぎて挫折したという意見も多いです。

メリット

Z会の長年の受験指導研究により、1問で多くを学びとれるZ会独自の「良問」が揃っています。やりごたえのある問題を解くことで、着実に力を伸ばしていくことができます。

難関高校を受験するなら、Z会は非常におすすめな教材です。

Z会の教材で勉強することで、問題を解くための思考力や、記述力を身に付けることができます。

ただし問題の難易度はやはり高いので、まだ基礎が固まっていない…という方にはZ会はまだ早いかもしれません。

そういう場合には、進研ゼミのような王道の教材で基礎知識を徹底的に固めてからZ会に移行するのが良いでしょう。

むらなか
むらなか
Z会は1教科だけ受講することも可能なので、他の通信教育と併用しながらZ会も使っている人も多いです。他社と比較しつつ、無理のない範囲でZ会を検討してみてください。

目標に合わせて学習スタイルとクラスを選べる

Z会中学講座では、どの学年でも、2つのコースから学習スタイルが選べるようになっています。(※途中で変更可能)

タブレットコース Z会専用タブレットかiPadを使って学習するコース
テキストコース 紙テキストを使って学習するコース

どちらを受講しても同レベルの学力を身につけることができます。

むらなか
むらなか
おすすめはタブレットコースです。

タブレットコースのメリット

  • 学校の授業進度や自分で設定した目標点や学習時間に応じて一人ひとりに合ったプランを提案してくれる
  • 動画やアニメーションの解説で視覚的に理解できる
  • 理解度や正誤パターンに合わせて問題や解説を提示
  • 3年分の単元の学習内容がすべて公開されているので、先取り学習・さかのぼり学習ができる
  • 間違えた問題を繰り返し解き直すことができる
  • 1教科だけの受講も可能
  • テキストコースよりも値段が安い

セット受講と単科受講が選べる

Z会では、セット受講(5教科)または単科受講(1教科〜)を選ぶことができます。

単科受講ができる中学生向け通信教育はZ会だけです。「英語だけ」「数学と国語だけ」のように、受講したい教科が1~2つに限られてる場合はZ会はおすすめです。

添削指導で記述問題の実力をしっかり身につけれる

Z会「書くこと」「熟考すること」を大切にしており、記述式の添削問題はどの教材よりも力が入っています。

添削問題ではタブレット上にペンを使って、紙と同じように書き込みます。

むらなか
むらなか
添削問題以外の問題でも、必要に応じてノートに書いて学習します。タブレットだから選択問題ばかりなどということはありません。

添削問題は、タブレットコースの場合は約3日後にタブレットに返却、テキストコースの場合は約4日後に郵送で返却されます。

Z会中学生の料金表

単科受講の1教科あたりの月費用

12ヶ月一括払い
中1 2,023円/月
中2 2,193円/月
中3 2,686円/月

5教科セット受講の月費用

12ヶ月一括払い
中1 8,115円/月
中2 8,965円/月
中3 11,430円/月

>>公式サイトで詳しい料金を見る

無料の資料請求あり

Z会では資料を取り寄せて手元で詳しく調べることができます。

\「考える力」が身につく/

とりあえず資料請求する(無料)

※資料請求のみならお金は一切かかりません

Z会中学生向けコースの口コミ・評判が凄い【辛口レビューした結果】中学生向け通信教育の中でもZ会は特徴的。 簡単に特徴をまとめると 成績上位を目指せるハイレベル教材 定期テスト...

スタディサプリ:授業の予習・復習を手軽に

料金 約2000円/月
対象レベル 勉強が得意な中学生
学習スタイル お手持ちのスマホ・タブレット・PC
学べる教科数 5教科
ライブ授業 なし
添削指導 なし
質問機能 なし
デメリット

基本的には映像授業を受身的に聞くスタイルなので、問題演習の量が不足しやすいです。

メリット

授業のクオリティーはやはり高いです。あの授業をアプリで気軽に受けられることには驚きます。

スタディサプリは、「じゃらん」や「ホットペッパー」で有名なリクルートが運営しています。大手企業のリクルートだからこその質の高さと安心感があります。

アプリをダウンロードしたらすぐに開始できるという手軽さから、スタディサプリを一度は使ったことがあるという学生も多いです。(※ダウンロードから14日間は無料で全てのサービスを使えますし)

スタディサプリは授業動画が一覧でズラっと並んでいて、その中から自分で選んで受けるというスタイルです。そのため、「英語のbe動詞の授業を見たい!」というように、学びたい内容がピンポイントである場合にスタディサプリは便利です。

定期テスト期間のように、一定期間だけスタディサプリを使うのもおすすめです。

一方で、

  • 何を勉強するか明確には決まっていない
  • 日常的に勉強する習慣をつけたい

という場合には、進研ゼミZ会の方が向いているでしょう。

これらの教材とスタディサプリは、どちらが優れているというよりは、役割が違います。

むらなか
むらなか
短期集中で何かの授業を受けたい人は、まずは気軽にスタディサプリをお試し感覚で始めてみてください!

要点に絞った1回5分の授業

下記のような人にスタディサプリはおすすめです。

  • 学校の授業でわからなかったところを対策したい
  • 部活で忙しいけど、定期テスト対策はしたい
  • 受験に備えて苦手分野を復習したい

スタディサプリの授業は、1回約5分という短時間で復習できます。

1回あたりの授業が短いので、集中も続きやすいですし、「今日はこの講義まで見るぞ」という感じで勉強の計画も立てやすいです。

そこで、おすすめのスタディサプリの使い方を教えます。

①参考書をベースに勉強する(アウトプット)

②そこで分からなかった部分のみ、スタディサプリで理解する(インプット)

③理解できたら①に戻る

スタディサプリは講義を受けるインプットの勉強がほとんどなので、アウトプットにはやや弱いです。

料金はかなり安い

12か月分一括払い 1,815円/月
毎月払い 2,178円/月

※税込
※入会金・退会金0円

>>公式サイトで詳しい料金を見る

14日間の無料体験あり

スタディサプリは14日間もの間、無料で利用することができます。

とりあえず無料体験する

評判:スタディサプリがヤバすぎる【小学・中学・高校講座すべて受講した感想】 今回、スタディサプリ小学・中学・高校講座の全てを実際に受けたうえで評価しました。 スタディサプリの料金 ...

Twitterでの中学生の通信教育の評判は?

中学生の通信教育事情について「Twitterではどのようなことが書かれているか」が気になる人も多いでしょう。

ここでは、Twitterでの中学生の通信教育に関する評判の中で、参考になるものを紹介します。

映像授業が分かりやすく時間効率も良い

通信教育なら無駄な時間がないという意見です。

これは私は100%同意見です。通信教育は自分のやるべき問題だけに集中できるので、自分のレベルに合わない問題はスルーできます。

タブレットを用いた通信教育であれば、いま自分がやるべき問題をタブレットが自動で提案をしてくれるので、何を勉強したらいいか分からないということもありません。

通信教育は、言うならば究極の個別指導といえるでしょう。

【結論】中学生におすすめのタブレット学習5選!徹底比較したまとめ!中学生におすすめのタブレット学習教材を本音で紹介します。料金の安いもの、不登校の子におすすめのもの、すべてデメリット含めてぶっちゃけます。...

自宅で勉強できるのが良い

通信教育であれば、自宅で、なおかつ自分のペースで勉強できます。

好きな時に勉強できるのはもちろん、授業を何回も見直すこともできます。

質が高いのに料金が安い!中学生向け通信教育のおすすめを厳選して紹介!この記事では、料金が安いのに質の高いおすすめの中学生向け通信教育を紹介します。もともと通信教育は塾と比べると受講費は安いです。さらに安い通信教育を選びたい人はぜひ参考にしてください。...

まとめ:中学生の通信教育

いかがでしたでしょうか。

通信教育は、単に成績を伸ばすだけでなく、自宅で勉強できる力を伸ばすのにも役立ちます。

子どもに勉強しなさいと言わなくても自然と机に向かうようになってほしいと悩んでいる方は特に、通信教育という選択を検討してみてください。

中学生におすすめの通信教育

中学生の勉強に役立つサービスがたっぷり
進研ゼミ:全教科の対策(内申点対策・入試対策)ができます。添削指導あり、オンラインライブ授業あり。総じて完成度の高い教材です。

タブレット1台に完結させて家にモノを増やしたくない
スマイルゼミ:全教科対応。専用タブレットだけで学習するシンプルな教材なので、家にモノが増えずに、勉強だけに集中できます。

基礎から丁寧にやり直して少しずつ成績を上げていきたい
すらら:学校の授業についていけずに悩んでいる中学生におすすめ。すららはさかのぼり学習に優れており、基礎から丁寧に学びなおし可能。すららコーチの学習設計サポートあり。

学びたい内容がピンポイントである
スタディサプリ:小4〜高3の内容の授業動画が見放題なので、学校や塾の授業でわからなかったところの復習をしたり、これからの予習をするのにおすすめ。

難関校の受験を意識して応用問題や記述問題に取り組みたい
Z会:難関校への合格実績多数。1問で多くを学びとれる「良問」揃い。記述問題の添削指導でしっかりとした実力をつけれます。1教科だけの受講も可能。

本気でおすすめの小学生向け通信教育7選【業界人が徹底比較】この記事では2022年最新のおすすめ小学生向け通信教育を徹底比較!実際の受講者の口コミをもとに通信教育選びの注意点も解説。さらに各社の特徴やメリット・デメリットについてもまとめています。...