オンライン家庭教師・塾

オンライン家庭教師「e-Live」とは?みんなの口コミ・評判を紹介!

  • オンライン家庭教師e-Liveって実際どうなの?
  • e-Liveの評判はいい?

体験をする前に「ネットでのe-Live評判が気になる」人も多いのではないでしょうか?

本記事では、e-Liveの評判や、おすすめな人を紹介します。

e-Live(イーライブ)とは

運営会社 LIVE株式会社
特徴 オンライン家庭教師歴10年以上。オンライン自習室完備
対象学年 小学・中学・高校
1コマの授業時間 30分
入会金 28,600円
月謝(目安) 小学生:4,000円〜12,000円
中学生:6,000円〜14,000円
高校生:10,000円〜14,000円
※月4コマ(週1回1コマ30分)の場合
必要な機材 パソコン、Webカメラ、ペンタブレット
オンライン自習室 あり
返金保証制度 なし

オンライン家庭教師e‐liveは、10年以上の実績をもつ、完全マンツーマン指導のオンライン家庭教師です。

オンラインのサービスなので、通塾する必要が無いので送迎の負担がかからないし、日本全国どこに住んでいてもサービスを利用することが出来ます。

講師の一般募集はしておらず、既存講師からの紹介または教え子からのみの採用としているため、レベルの高い講師が揃っています。

e-Live(イーライブ)を活用するメリット

授業は録画されているから何度でも見返せる

e-live最大の特徴は、授業の「録画機能」があることです。

授業が録画されていることで、生徒は何度でも授業を見返すことができ、授業に同席できない保護者も授業風景を確認することができます。

また「講師がサボれない」というメリットもあります。

オンライン自習室を利用できる

毎日16:00〜22:00の6時間、オンライン自習室を利用できます

自宅で勉強をする場合、強制力がなくてダラけてしまうと悩んでいる人も多いはず。

オンライン自習室であれば、スタッフの監視の下で勉強することができるので、自宅にいながらも塾や学校の自習室にいるかのような緊張感に包まれます。

e-Live(イーライブ)がおすすめな人

低価格で家庭教師を頼みたい人

e-liveは、業界トップクラスの安い料金設定となっています。

月謝は小学生が4,000円〜、中学生が6,000円〜、高校生が10,000円〜(税別)で、諸経費や教材費はかかりません。

入会金は必要ですが、入会後は月謝以外の追加料金がないため安心です。

また、授業料の支払いが、受けた分だけの後払い(2ヶ月後)システムで、忙しい時には授業回数を減らし、支払いを抑えられるのが地味に便利です。

家庭教師や塾などの授業料は、一般的に前払い制であることが多いです。

ちなみに料金は安いコースもありますが、高学歴の先生の場合は料金も上がり、安さではそこまで大きな強みはありません。

低価格で家庭教師を頼みたい人におすすめといえます。

予習よりも「復習」を重視したい人

e-liveの特徴は、授業の録画機能があることです。

録画機能によって生徒は何度でも授業を振り返ることができ、「復習」に特化したオンライン家庭教師サービスとなっています。

録画機能のあるオンライン家庭教師は他にあまり無いため、予習よりも「復習」を重視したい人にはe-liveがおすすめです。

授業時間は短めがいい人

e-liveの授業は最短でも1コマ30分に設定されているため、授業時間は短めがいい人におすすめです。

他のオンライン家庭教師の場合、最短でも60分というケースがあります。

もちろん、e-Liveでも1時間の授業や2時間の授業を受けることも可能です。

授業のコマ数や曜日・時間は生徒のスケジュールや希望に合わせて組み合わせられるため、指導を受けたい日に入れたいコマ数だけ入れることができます。

部活や習い事で忙しい生徒にも対応するために、遅い時間でも指導を受ける事ができるようにしているなど、生徒に寄り添った体制をとっています。

プログラミング学習に興味がある人

e-Liveでは、学校で習う国・数・英・社・理の主要5科目以外にも、プログラミングの個別指導を受講することも可能です。

プログラミングスクール「D-SCHOOL」とタイアップをし、月額14,850円で60分授業を2回受講できます。

e-Live(イーライブ)の料金

e-Liveでは講師の出身大学によってランク分けがされており、ランクによって授業料も異なります。

週1回1コマの場合

講師ランク 小学1年生~6年生 中学1年生~3年生 高校1年生~3年生
Sランク 税込13,200円 税込15,400円 税込15,400円
Aランク 税込8,800円 税込11,000円 税込11,000円
Bランク 税込6,600円 税込8,800円
Cランク 税込4,400円 税込6,600円

週1回2コマの場合

講師ランク 小学1年生~6年生 中学1年生~3年生 高校1年生~3年生
Sランク 税込26,400円 税込30,800円 税込30,800円
Aランク 税込17,600円 税込22,000円 税込22,000円
Bランク 税込13,200円 税込17,600円
Cランク 税込8,800円 税込13,200円

Sランク 東大・京大・医学部医学科・東工大など
Aランク 大阪・北海道・東北・筑波・東京外国語大など
Bランク 静大・信州・茨城・東洋大など
Cランク 淑徳・東京家政・東京福祉・神奈川大など

やっぱり優秀な大学の先生に教えてもらいたい!
→料金は高くなるが、確実に優秀な大学の先生から指導してもらえる

勉強が教えれるなら大学はどこでもいい
→安く受講できる

もちろん安いからといっても、指導の質は担保されています。

普段は週1回指導で、テスト前に週2回に指導を増やすなども可能です。

e-Live(イーライブ)の口コミ・評判

どんどん成績が伸びた

勉強がそれほど得意ではなかった小5の息子がこのオンライン家庭教師をつけてから、どんどん成績が伸びていて親として嬉しい限りです。

正直自分の仕事に追われて息子の勉強に付き添ってあげることが難しい時期があり困りましたが、家庭教師の先生がこの家庭教師の卒業生ともあって、教科の勉強そのものだけでなく、「自学ルーティーンの付け方」や「質問をうまく伝える方法」などオンラインだからこそ効率的に学べることも息子に教えてくれたので、最近では自主的に机に向かって限られた時間で質問しきれるように自分の苦手分野を把握していこうとする姿勢がついてきました。

勉強が難しくなる中学、高校の前にこのオンライン家庭教師に出会えてよかったです。

引用元:みん評

パソコンの設定まで丁寧にサポートしてくれた

そんな私たちに転機が訪れたきっかけは、3月より学族が休校になったことです。学校に行く時間をオンラインの授業で補おうと決断し、運が良くe-LIVEのサイトに目が留まりました。 電話をしたその日から授業が始まるまでに何度かやり取りをさせて頂きましたがパソコンの設定まで丁寧にサポートをしてくださり、スムーズに授業を受けることができています。
ありがとうございます。

引用元:e-Live公式サイト

どうやって勉強すればいいか分かるようになった

ネット家庭教師というものに不安はありましたが、一人の先生に教えてもらえること、合わなければ先生を変えてもらえること、自宅でできることなどで「楽かな」と思い、やってみることにしました。出会った先生とは、楽しく話しをしながら苦手な英語を一年の最初から教えてもらいました。他の教科も、理解があやふやだと、すぐ先生に見抜かれる(笑)と、説明してくれました。勉強の仕方も教えてくれ、今まではどうやって勉強すればいいのかわからなかったのですが、塾以外に勉強するということが、自分でしやすくなりました。

引用元:e-Live公式サイト

親としても安心できた

e-Liveの学習の日には、自分からPCの前で準備している様子。心配していたPCの操作もすぐに慣れ、ホワイトボード機能を使っての学習などにも抵抗なく使いこなしていました。
親は続くのかと不安ながらも遠くから机に座っている背中を覗く程度しかできず。それでも、本人の机に向かう様子から取り組んでいることが感じることができたし、サポート担当者の方からの電話連絡の内容でも「e-Live」に任せっぱなしではなく、現状や課題など共有できて進捗状況を把握することができたことは、親として安心でき、ありがたかったです。結局、親の方が担当者の方から励まされサポートしてもらったような気持ちでした。

引用元:e-Live公式サイト

【まとめ】e-Live(イーライブ)の口コミ・評判

本記事を読んで、e-Liveの特徴や評判について理解できましたか?

e-Liveは『無料体験授業』を受講できますので、申し込んでみてはいかがでしょうか?

無料体験では、サービスの説明と体験授業以外にもお子さんに合った勉強の方法もレクチャーしてくれます。

1度の体験では合う合わないまでは分からないまでも、授業の雰囲気は掴めると思いますよ。

e-Liveは不登校の生徒さんにもおすすめできるオンライン家庭教師です。

【不登校生向け】オンライン家庭教師おすすめ6選!ランキング形式で紹介 オンライン家庭教師の利用をこれから始めてみたいと考えている方は、本記事を参考にしてお子さんに合うサービスを見つけてみてください。...
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。