中学生

評判:スタディサプリ個別指導コースは効率的な学習ができます

普通に良いじゃん

スタディサプリ個別指導コースについて調査した結論です。

月額2178円でパソコンやスマートフォンから神授業動画が観れるサービス「スタディサプリ」。2019年の4月に公立中学1~3年生向けの「個別指導コース」が誕生しました。

担当コーチがあなただけの勉強スケジュールを立ててくれたり、質問に答えてくれます。

ベーシックコースと個別指導コース、どっちが良いの?

気になりますよね。

今回はこの記事では、スタディサプリ中学講座の個別指導コースの概要からメリット・デメリット、評判やおすすめの中学生など徹底解説していきます。

\映像授業とテキスト書き込みで効率的/

とりあえず無料体験してみる

※無料期間内に利用停止をすれば料金は一切不要です

筆者の経歴

むらなか
むらなか
筑波大学(旧東京教育大学)出身。在学中は個別指導塾で何人もの生徒を指導。現在はタブレットを用いた教育の普及に関心を持ちながら教育事業に携わっています。

スタディサプリ個別指導コースとは

ベーシックコースの内容(映像授業見放題)に

  • 勉強スケジュール
  • 理解度チェックテスト
  • 担当コーチ
  • 科目サポーター

がつくサービスです。

ひとりでは進められないお子さまでも学習を進められます。

スタディサプリ個別指導コースの担当コーチとは?

スタディサプリ中学講座の個別指導コースでは、ベーシックコースの内容に加えてお子さん専属の「担当コーチ」(現役大学生)がつきます。

スタディサプリのHPでは、

  • コーチは採用の際に、指導力はもちろん「学力試験」「相手の立場に立って親切な対応をするホスピタリティがあるか」などが課され選抜。
  • 教えることが大好きで教育に熱意のある大学生が多く在籍
  • 定期的に研修会を行い、お子さまに最も信頼されるコーチ

注意:対面での完全個別指導ではない

ここで1点注意してほしいのは、担当コーチは「対面での完全個別指導ではない」ということです。

個別指導、というと個別指導塾や家庭教師が思い浮かびますが、スタディサプリでは全くの別物になります。

基本はお子さんの自主的な勉強で、補助として担当コーチがいるようなイメージです。

なので、「担当コーチに任せておけば安心!」といった過度な期待は持たないほうがいいですね。

スタディサプリ中学講座の個別指導コースの料金

スタディサプリの個別指導コースは月額10,780円(税込)です。

学年によって料金が変わることもありません。

入会金は不要で、専用のテキストやチェックテストの料金も月額料金に含まれています。新たに費用が発生しないのは良心的ですね。

支払い方法

スタディサプリ個別指導コースはクレジットカード決済のみとなっています。

キャリア決済、コンビニ決済、App Store決済、Google Play Store決済には対応していないので注意してください。

スタディサプリ個別指導コースの受講者の口コミ

スタディサプリ個別指導コースのメリット

  • 担当コーチがやる気にさせてくれる
  • 学習計画の立て方をサポートしてくれる
  • 塾よりも安い

メリット①:担当コーチがやる気にさせてくれる

スタディサプリ中学講座の最大の強み目は子供をやる気にさせてくれる担当コーチがつくこと。

自分で計画を立てて勉強を始めるとなると、

  • なかなか勉強に手が付かない
  • サボってしまう
  • やる気が出ない

というように、勉強にやる気が出ない場合もあります。

スタディサプリ個別指導コースではお子さん専属のコーチがつき、勉強の進み具合をチェックしたり、「頑張ろう!」と応援してくれます。

コーチが応援してくれるから頑張ろうという感じで、お子さんもやる気になりやすいです。

メリット②:学習計画の立て方をサポートしてくれる

定期テストや高校受験に向けて学習計画を立てる必要があります。

その重要性は理解しつつも、結局何から始めれば良いのかわからないと悩む場合がほとんど。

スタディサプリの個別指導コースでは担当コーチが毎週勉強スケジュールを立ててくれます。

なので、「今日は何を勉強しようかな?」と悩むことはありません。

メリット③:塾よりも安い

個別指導塾や家庭教師のようにがっつり指導をしてくれるわけでは有りませんが、同じ個別指導でも、塾よりも断然安いのが個別指導コースの特徴です。

個別指導塾とは違って、お子さんの自主性が基本の勉強スタイルとなっているので、「自分で勉強する力」を身につけることができます。

塾に頼りっぱなしになって、いざ自分1人で勉強ができない状態よりも、自分で勉強する力を付けつつ、コーチにサポートしてもらえるのが個別指導コースの強みですね。

スタディサプリ個別指導コースのデメリット

  • あくまで個別指導は補助的なもの
  • 公立中学に限定されている

デメリット①:個別指導は補助的なもの

担当コーチが少し補佐をするようなイメージなので、家庭教師や個別指導塾のように『完全マンツーマンでの個別指導』ではありません。

授業内容を解説したり、保護者に指導内容を報告することはありません。

とはいえ、スタディサプリの個別指導コースでは、お子さんの勉強を見守りながら、困った時は助けてくれます。

お子さんが自分から勉強するようにもなりますし、やる気を出させてくれる存在です。

デメリット②:公立中学に限定されている

スタディサプリの個別指導コースは「公立中学」に限定されています。中高一貫校や私立中学には対応していません。

私立中学などでは勉強の進み具合や内容に違いがあるので、担当コーチが対応しきれないのでしょうね。

評判:スタディサプリがヤバすぎる【小学・中学・高校講座すべて受講した感想】 今回、スタディサプリ小学・中学・高校講座の全てを実際に受けたうえで評価しました。 スタディサプリの料金 ...
【結論】中学生におすすめのタブレット学習5選を徹底比較【ステマなし】中学生におすすめのタブレット学習教材を本音で紹介します。料金の安いもの、不登校の子におすすめのもの、すべてデメリット含めてぶっちゃけます。...