タブレット学習・通信教育

すららは海外在住におすすめ?海外子女・帰国子女が活用するメリット・デメリットを解説!

今回は、すららを海外で受けることは可能なのかについてご紹介します。

また、海外子女や帰国子女におすすめする理由も解説していきます。

すららに興味のある方はぜひご一読ください。

※この記事には一部PRが含まれます

すららの概要

無学年学習で、苦手問題の克服(さかのぼり学習)に強い

多くの通信教材は学年によってコースが決められていますが、すららは学年が決められていません。

小中生コースと中高生コースのみなので、小中生コースを選べば、小学1年生から中学3年生までの学習内容の中から必要な単元を選んで学習することができます。

在籍学年の内容の理解が不十分な単元があれば、前の学年やもっと前の学年までさかのぼって学習することができるのです。

このさかのぼり学習によって、苦手な単元や苦手な問題を克服できるのです。

理解度に合わせて勉強の内容やレベルを自動で決めてくれる

小学1年生から中学3年生までの内容から必要な単元を自分で選んで学習するのは、ちょっと大変そうだと思ってしまいますよね。

すららでは、まず最初に理解度を測るテストを受けます。

その結果から判断して、お子さんに合った内容や、レベルの問題を自動的にAIが選んでくれます。

さかのぼり学習も、何年生のどの問題までさかのぼるか自分で選ぶのは大変ですが、お子さんのつまずきに合わせて、必要な問題を選んでくれるので、勉強が苦手でも安心です。

発達障害や不登校のサポートも充実

すららの開発には、発達障害の専門機関も参加しており、発達障害のお子さんも興味を持って取り組めるように工夫されています。

誰にとっても、わかりやすく、意欲を持てるシステムになっているのです。

また、すららを使った家庭学習を行うことで、不登校でも出席扱いにできる制度もあります。

発達障害や不登校のお子さんの指導に経験と実績のあるコーチが、お子さんと保護者の方をサポートしてくれます。

海外子女がすららを利用するメリット

すらら海外受講のメリット
  • 日本語補習校に通わせるよりも費用を抑えられる
  • 日本の学習指導要領や進度に合わせて勉強できる
  • 海外在住でも日本の国語力を身につけられる
  • 教材や端末を日本から送ってもらう必要がない
  • 帰国後につまずかないためのサポートが充実

すららは海外受講者向けのタブレット教材としては非常に向いています。

海外在住におすすめのタブレット学習はどれ?海外受講のメリットや注意点も解説!海外でタブレット学習を受講するメリット 海外でタブレット学習教材を利用するメリットをまとめてみました。 帰国後の学校への転入...

日本語補習校に通わせるよりも費用を抑えられる

インターナショナルスクールや現地校に通うお子さんは、帰国後の日本での学校の授業に順応できるように、日本語補習校に通わせるご家庭も多いです。

むらなか
むらなか
日本語補習校は、月謝だけでも2〜3万円かかり、それ以外に入学金・施設使用料・教材費などが必要なので、かなりの出費となります。

すららの場合は、入会金が7,000 円〜 10,000円、利用料の月額が7,480円〜9,980円と、低価格で学ぶことができます。

日本の学習指導要領や進度に合わせて勉強できる

インターナショナルスクールや現地校では、日本のカリキュラムで学習するわけではありません。

日本とアメリカでは、新しい学年がスタートする時期が違い、学習内容も順序も異なっています。

そのため日本に帰国した際に、日本の子どもたちがすでに学習した内容を、自分だけまだ習っていないという問題も生じます。

しかし、すららでは、一人一人に合わせた学習計画を組んでもらえるので、日本の学習指導要領に合わせて学ぶこともできます。

海外在住でも日本の国語力を身につけられる

インターナショナルスクールや現地校では、日本語を用いた授業は行われません。

友達との会話も、基本的に英語を用います。

ですから、日本語に触れる時間は、家庭の中だけになります。

日常会話は心配ないかもしれませんが、日本語の読解力には不安を感じる方が多いようです。

すららでは楽しく国語を学べるので、読解力や、文法的な知識なども、身に付けることができます。

公式サイトにも書かれているように、すららでは国語を体系的に学習することができます。

教材や端末を日本から送ってもらう必要がない

海外に対応している日本の通信教材は他にもありますが、すららはメールだけですべて完結します。

教材を日本から毎月配送してもらう場合は、海外だと送料が高くなります。

専用の端末が必要な場合も、日本からの配送になりますので、送料が高くなります。

すららの場合は、配送される教材はなく、端末は個人で用意するので、送料が全くかかりません。

申し込みの手続きも、メールでできるので、海外在住者には大変便利です。

帰国後につまずかないためのサポートが充実

海外に住んでいて、日本の学校についてもっと知りたいと思ったとき、正確で最新の情報を入手するのは難しいかもしれません。

学校のホームページもその一つですが、学校の雰囲気や帰国した生徒の感想など、保護者が知りたいことが必ずしも詳細に書かれているとは限りません。

そこで頼りになるのが「すららコーチ」です。すららコーチは、留学先の学校や入試の情報を提供してくれます。

現役の塾講師が在籍しているため、お子さまの教育方針を決定するのに必要な内部知識や経験を持っています。海外在住での学習の大変さに寄り添って、継続できるように励ましてくれます。

日本に帰国した時に順応できるように、学習内容だけでなく、学習習慣の身に付け方などもアドバイスしてくれます。

また、帰国後に通う地域に詳しいすららコーチから、受験の情報や地域の情報を受け取ることができます。

海外在住がすららを利用するうえでのデメリット

すらら海外受講のデメリット
  • 他の通信教育よりも月額受講費はやや高め
  • 漢字練習は紙教材のほうが使いやすいかも

他の通信教育よりも月額受講費はやや高め

他の通信教育に比べて、すららの月額受講費は、高めに設定されています。

その理由は、現役の塾講師である「すららコーチ」が手厚くサポートし、お子さんに合った学習計画を一週間ごとに立ててくれるからです。

タブレット式の通信教材ですが、お子さんが途中で投げ出してしまわないように工夫されたシステムです。

他の通信教材にはないサービスなので、塾や家庭教師ほど高額ではありませんが、費用が掛かってしまうのです。

漢字練習は紙教材のほうが使いやすいかも

日本語学習の中でも、漢字の習得は大変です。

日本で学ぶ子どもたちも、毎日漢字の学習に追われています。

すららでも楽しく漢字を覚えられるように工夫していますが、お子さんがタブレットに書いた漢字の判定が、厳しすぎるという声も聞かれます。

保護者の方から見ても正しく書けているのに、okの判定が出ないと、意欲がそがれてしまいます。

漢字練習には、「ノートにたくさん書いて覚える」という学習方法が効果的かもしれません。

【まとめ】すららは海外受講できる?

すらら海外受講のメリット
  • 日本語補習校に通わせるよりも費用を抑えられる
  • 日本の学習指導要領や進度に合わせて勉強できる
  • 海外在住でも日本の国語力を身につけられる
  • 教材や端末を日本から送ってもらう必要がない
  • 帰国後につまずかないためのサポートが充実
すらら海外受講のデメリット
  • 他の通信教育よりも月額受講費はやや高め
  • 漢字練習は紙教材のほうが使いやすいかも
むらなか
むらなか
海外受講のメリット・デメリットを踏まえたうえで、すららが良いと思った方は、ぜひこれを機会に入会してみてください。

すららに関しては、以下の記事でも詳しくまとめています。

すららの口コミは?最悪という評判は本当?実際に使った体験談を紹介!すららは最悪って本当?この記事では、すららの口コミ評判、デメリット、他の教材と比較した時の感想などを包み隠さずご紹介します。記事を読むことで、すららは勉強嫌いな子や、発達障害・不登校のお子さんにおすすめであることが分かります。...