ここが凄い!ベネッセの「まるぐランド for HOME」発達特性に合わせたタブレット学習とオンライン個別指導

当ページのリンクには広告が含まれています。
ここが凄い!まるぐランド

こどもちゃれんじ、進研ゼミを提供している株式会社ベネッセコーポレーションが2024年8月1日より、発達特性からの学びにくさを感じている小学生のお子さん向けの家庭学習支援「まるぐランド for HOME」を開始します。

タブレット学習ライフでは、「まるぐランド for HOME」のここが凄い!という点をはじめ、共同開発したレデックス株式会社について、体験授業の受付について、先行モニターや学校での利用者の口コミ、料金についてをご紹介していきます。

尚、本サービスは小学生が対象です。小学生以外のサービスをお探しの場合は下記記事をご参照ください。

あわせて読みたい
【2024年】発達障害の子におすすめ優良タブレット学習・通信教育! タブレット学習ってどうなんですか? 4年生の子供なんですが、学力がかなりやばくて(^_^;) 発達障害もあるので、いやな授業は集中しなくて。゚(゚´Д`゚)゚。 そんな子でも、...
鈴木文夫:神奈川県の元小学校教諭。約25年間、教壇に立ち特別支援学級も受け持ちました。辛く苦しいこともありましたが、子どもたちの成長に感動し、笑顔にたくさんの力をもらいました。長年の経験を活かし、子どもたちの未来を支える活動を支援いたします。
目次

まるぐランド for HOMEとは

「まるぐランド for HOME」は一人ひとりの発達特性に合わせた教材での自学自習のタブレット学習(ご家庭でお持ちのデバイスを利用)と、その学習内容に連動したオンライン個別指導を提供します。

とくに目をひく機能として、「チェックテストでの特性の把握」、「個別最適化されたレッスンを自動提案」があげられます。

タブレット学習用の教材は、この事前チェックテストを行ったうえで個々の特性に合わせ、取り組みやすく個別最適化された学び方での学習素材が提供されます。

さらに月2回、または月4回のペースで、専門的な研修を受けた講師がオンライン個別指導でサポートをしてくれます。

また、保護者の方には、毎回の指導後に講師が取り組み状況を報告するほか、入会直後と年2回のカウンセリングで「発達のプロ」に悩みを相談できる機会を提供するなどのサポートも行います。

まるぐランド for HOMEはここが凄い!

ここが凄い1:特性に合わせた学びを提供してくれる

先述したように、「認知特性」「読み書き」のチェックテストで利用するお子さんの特性を把握し、受講生個々に合わせたタブレット学習のレッスンを自動提案してくれます。

「目で見て理解することが得意で、漢字の読みが苦手」「耳で聞いて理解することが得意で、漢字の書きが苦手」など様々な特性をテスト結果から導き出し、そこ子にあった学習内容を提供してくれるのです。

尚、チェックテストは、小1~6相当のものですが、まるぐランド for HOMEの受講は何歳からでもできるとのこと。

受講者が小1以下の場合は小1相当の内容を、小6以上の場合は小6相当の内容を受ける形になると書かれておりました。

ここが凄い2:やる気を失わずに取り組める環境設定ができる

間違えた際に「×」をつけず「?」や「曇りマーク」にしたり、書き問題の判定基準を調整(3段階可能)するなど、お子さんの気持ちに合わせた演出を選ぶことができます。

ベネッセが提供している小学生用タブレット学習教材「チャレンジタッチ」では、書き問題の文字判定で「ふつう」と「やさしい」の2種類が選べる機能がありました。

「まるぐランド for HOME」ではさらに細かく設定できる3段階調整なので、より広い範囲の発達特性に対応できるように配慮されていることが伺えます。

ここが凄い3:講師が苦手内容を把握し、専用のオンライン個別指導が提供される

月2回、または4回おこなわれるオンライン個別指導では、専門的な研修を受けた講師が、タブレット学習状況から見える苦手内容に対して、お子さん専用のカリキュラムを組んだオンライン個別指導を提供してくれます。

毎回40分(個別指導35分/保護者への報告5分)の構成で、コースにより月2回、4回が選べます。

ただし、回数についてはメディアに発表された情報と公式サイト内で違っており、公式サイト内では週1回という表示になっているため、今後変更となる可能性もあります。

メディア向けに公開された情報
まるぐランド for HOME公式サイト内

ここが凄い4:保護者の方をサポートするサービスが充実

受講しているお子さんの日々の取り組み状況や正答率をレポートとしてスマートフォンで確認できるほか、毎回の個別指導の後に講師が取り組み内容やお子さんの様子を直接報告してくれます。

これにより保護者はお子さんの伸びを実感することができます。

また、入会直後と年2回のカウンセリングで、発達のプロ(公認心理師、元教員など、発達・教育に関する資格を保有するプロフェッショナル)に悩みを相談できる機会も設けるなど、保護者へのサポートサービスが充実しています。

その他の嬉しいサービス

受講開始後にお好きな学年のレッスンに取り組むことができます。(学年別の教材ではありません)

また、受講生がレッスンに取り組むと「バッジ」「ゲームチケット」が提供されます。

受講するお子さんの頑張りを可視化することで自己肯定感を育み、学びの意欲を高める仕組みになっています。

ベネッセと共同開発したレデックス株式会社は信頼できる?

「まるぐランド for HOME」の公式サイトで紹介されている集中力を養うゲームには、レデックス株式会社と共同開発という説明が書かれております。

引用:まるぐランド for HOME公式サイト

レデックス株式会社では特に発達障害や学習障害を持つ子どもたちのサポートに役立つ教材やソフトウェアを提供しており、医師や教育者と連携して科学的知見に基づいたサービスを展開しています。

レデックス株式会社公式サイトTOPページ

代表取締役の五藤博義元さんは、東京大学教育学部卒業後、35年以上にわたり学びや発達を研究し、数多くの製品やカリキュラム等を開発してきた凄いお方。

レデックス株式会社の代表になる前はベネッセの研究所長もしていらっしゃいます。

製品・サービスは1500を超える様々な施設・利用形態で活用されており、開発技術・信頼度ともに非常に高い企業といえます。

まるぐランド for Schoolは日本e-Learning大賞の最優秀賞

「まるぐランド for HOME」はベネッセが提供する新サービスですが、学校では2021年から「まるぐランド for School」が活用されており、2022年度発表の第19回 日本e-Learning大賞で最優秀賞を受賞しております。

この日本e-Learning大賞では経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省の 4つの大臣賞が付与されるため、教育をテーマとしたアワードとしては他に例がなく、毎年注目を集めています。

公式サイトで公開されている「まるぐランド」の学習効果をグラフ化したデータを見てみましょう。

1回目のテストから4ヶ月後の2回目テストで、成績上位層が約15%も増えていることがわかります。

このことからも、「まるぐランド」はすでに学習効果があることがデータで示されている教材といえるでしょう。

鈴木文夫(元小学校教諭)

私が特別支援学級を受け持ったときに強く感じたのは、発達の特性にも様々な種類があり、その子にあった学習が必要だという点でした。まるぐランドの「チェックテストでの特性の把握」、「個別最適化されたレッスンを自動提案」は本当に素晴らしい機能です。

まるぐランド for HOMEの口コミ

「まるぐランド for HOME」を先行モニターとしてご使用になった方の声をご紹介します。

小3・Sさん

タブレット学習の結果を踏まえた授業だったので、とても効果的だと感じました。子どもの状態に合わせて臨機応変に対応いただいたことで、子どものやる気も上がり、前向きに取り組んでいました。タブレット学習と個別指導を組み合わせた講座は、理想的だと思います。

引用元:まるぐランド for HOME公式サイト

小1・Hさん

タブレット学習のチェックテストの結果を見ると、どこが苦手でどこが得意なのか、きちんと把握することができました。ゲームやバッジなど、子どものペースで進められる工夫がいくつもあり、続けやすいと思いました。個別指導の授業に行くのをとても楽しみにしていたのも良かったです。

引用元:まるぐランド for HOME公式サイト

「まるぐランド for HOME」のオンライン個別指導では、お子さんが取り組んでいるタブレット学習の結果を講師さんが見ながら、その子にあわせた授業をしてくださるという内容です。

このことからも講師側には、お子さんがタブレット学習でおこなったチェックテストの結果や学習レポートなどの情報が共有される仕組みになっていることが伺えます。

講師側はそのデータを見ながらオンライン授業をしてくださるため、高い効果が期待できるのです。

また、タブレット学習内のゲーム・バッジといった続けやすい工夫も嬉しい点ですね。

続いて学校で導入されている「まるぐランドfor School」をご使用になった方の声をご紹介します。

神奈川県X市立Y小学校 M・M先生(ことばの教室ご担当)

とにかく児童がこのアプリだと楽しそう。お母さまからも、「だんだん書くことへの抵抗がなくなってきた気がする」と実感の声がありました。問題文を自動で読みあげてすぐに採点してくれるので、児童が「自分ひとりでできる」という自信をつけてくれている様子も感じます。

引用元:まるぐランド for school公式サイト

東京都S区在住 小4男児の保護者さま

うちは共働きなので、学校で使っているタブレットをそのまま使って家でもスムーズに勉強してくれるのがありがたい。親が色々と手出しをしなくて済む。プリントは「やりなさい」と言わないとなかなか手を付けてくれないが、このアプリは言わなくても自然にやり始めている。問題が難しくないので、癇癪かんしゃくを起こさないのもありがたい。

引用元:まるぐランド for school公式サイト

どちらの口コミも、お子さんが一人で学習することに繋がっていることに触れております。

「まるぐランド」はお子さんのチェックテストを経て、その子にあった「学びの基礎スキル」を無学年で育んでいくため、難しすぎて解ける問題が少ないといったことも起こりづらいです。

この「チェックテストでの特性の把握」、「個別最適化されたレッスンを自動提案」、「自動の取り組みの様子や成長を可視化」という3つの機能は「まるぐランド」ならではの他にはない機能で、特許出願中とのこと。

一人ひとりの子のレベルにあったタブレット学習を提供できている点が、楽しそう・癇癪を起さない、といった口コミに繋がっているのでしょう。

6月1日から始まる体験に申し込むには

「まるぐランド for HOME」8月開講にあたり、6月1日から公式サイトで体験授業の受付が始まります。

体験授業にかかる費用はたったの500円(税込)。保護者相談&ミニ体験授業が受けられるとのことですが、タブレット学習は機能の紹介のみとなり、実際に学んだり遊ぶといったことはできないようです。

受講費をはじめとした講座詳細も発信されますので、見逃さないよう公式サイトをお気に入り登録しておきましょう。

料金はどの程度?

まだ料金は公表されておりませんが、タブレット学習教材のほかに、オンライン家庭教師のような個別指導を受けられるという手厚いサービス内容を考えると、個別指導が月4回の場合は少なくとも月5万円以上はかかるのではないかと思われます。

また、注目しておきたいのが入会直後のほかに年2回、発達のプロに悩みを相談できる機会がある点です。このサービスを受けるには年間プランや半年プランへの加入が必要になるかもしれません。

料金が正式に公表されましたら、情報を追加いたします。

尚、タブレット学習ライフでは発達障害の子におすすめの家庭教師を厳選して紹介しております。サービス内容や料金など、こちらも参考になさってみてください。

あわせて読みたい
【2024年】発達障害の子におすすめの家庭教師を厳選!【オンライン・訪問型】 発達障害のお子さんを持つ保護者さんの中には、家庭教師を使ってみようと検討している人もいると思います。 実際、家庭教師を利用している発達障害のお子さんは多くいま...

まとめ

2024年8月から受講がスタートする「まるぐランド for HOME」について紹介させていただきました。

新サービスといえど、2021年から学校で活用されている「まるぐランド for School」はe-Learning大賞の最優秀賞を受賞しているという実績もあります。

学びにくさを感じている小学生のお子さんがいらっしゃる親御さんは、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

この記事が一人でも多くのお子さん、そしてご家庭の幸せにつながることを願っております。

目次