小学生

【暴露】RISU算数の評判、実際に体験して分かった感想をまとめた

RISU算数ぶっちゃけどうなの

気になりますよね。

RISU算数は名前のとおり算数しか学べないし、公文との違いもよく分かりませんでした。

不安になりながらも、物は試しということで、RISU算数を実際に始めてみました。

結論から言うと

むらなか
むらなか
今の子は羨ましい…。僕が子どもの頃にRISUがあったら、RISUをやって算数大好きな子になっていただろうな…

とても良かったです!

・子供のレベルに合わせて最適な問題が出題される
→1年生であろうと6年生であろうと「ぎりぎり背伸びすれば解ける問題」が自動で抽出される。難しすぎる問題も簡単すぎる問題も出ないので、無理なくステップアップできる。

・成長が”見える化”されている
→自分がどのステージにいて、あとどれくらいやればステージが上がるかなどが”見える化”されている。だからモチベーションが上がりやすい。

・計算問題だけじゃない
→ここが公文とは違う点。RISUは計算問題から文章問題、図形・グラフを用いた問題まで幅広くカバーしています。

RISUには、算数が好き・得意になる工夫がたくさん詰まっていました。

算数に特化したオンライン教材ならではの強みです。

算数が苦手な子供って多いんですよね。
中学受験でも、算数で差がつきやすい言われています。

とはいえ、算数から逃げることはできません。
算数の知識が土台としてないと、中学・高校の数学の問題も解けないからです。

小学校の算数で苦労すると、その後の中学・高校の6年間でも苦労します。

逆に言うと、小さいうちから算数を「好き」「楽しい」「得意」と思えたら、ものすごく大きなアドバンテージになります。

むらなか
むらなか
算数や数学で苦しめられた私としては、RISUがもっと普及して算数嫌いな子が少しでも減ってほしいなあと思います。

RISUを使えば、もともと算数に苦手意識を持っている子でも、算数が好きで得意になると思います!

ただし留意点もありました。親目線の話になりますが、料金体系が複雑なことです。

RISU算数はステージを進めば進むだけ料金が上がるシステムで、「基本料金+学習進度に応じた利用料金」で決まります。

月額料金
※全て税込表示
①基本料金:2,750円(固定)
+
②利用料金
1ステージ未満/月:0円
1.2ステージ/月:1,100円
1.7~2ステージ/月:3,300円 ←利用者平均
2.5ステージ/月:5,500円
3ステージ以上/月:9,350円(上限)
入会金 0円
解約金 0円
タブレット費用 0円

トータルで月々3,850円または6,050円かかると思っておくと良いと思います。普通の子が利用したらこれくらいだそうです。

教材代とチューターの動画込みの値段なので、同程度のサービスと比べると若干安いです。入会金・解約金・タブレット費用がないのも良心的ですね。

とりあえずどんなもんかと気になった方は、公式サイトから1週間お試し体験に申し込むことをおすすめします。

むらなか
むらなか
いきなり入会して「思っていたのと違う!」となると取り返しがつかないので、お試し体験を通じて判断するのが賢くて安全な方法かと思います。

以下、RISU算数のお試し体験に申し込む手順を簡潔にまとめておきますね。

RISU算数を検討したい人は
お得な入会手順を要チェック!

以下の手順を踏むことで失敗しません。

  1. RISU算数公式サイト
  2. 先着50名様限りのお試しキャンペーンに申込む
    ・この際、クーポンコード『ari07a』を入力しないとお試し体験できないので注意
  3. お試し体験を通じて入会するかどうか判断する
    ・お子さんの反応をよく見ましょう!
    ・返品する場合は返送料1,980円がかかります。そのまま入会する場合はこの金額は無料です

『ari07a』で今すぐお試し/

お試し体験する(公式サイト)

お試し体験中、しつこく勧誘されることもありません。

むらなか
むらなか
「百聞は一見に如かず」、実際に手元で動かして初めて分かることも多いと思うので、迷っていたらまずはお試ししてみてください。

本記事ではRISU算数を実際に利用して判明したありのままのRISU算数のメリット・デメリットについて書いていきますね。

RISU算数(リス算数)とは

運営会社 RISU Japan株式会社
対応学年 年中〜小学6年生
対応教科 算数
使用端末 専用タブレット
月額料金(税込) ①基本料金:2,750円(固定)
+
②利用料金
1ステージ未満/月:0円
1.2ステージ/月:1,100円
1.7~2ステージ/月:3,300円 ←利用者平均
2.5ステージ/月:5,500円
3ステージ以上/月:9,350円(上限)上記以外の料金は発生しません

RISU算数は、幼児・小学生向けのタブレット型算数教材です。

30秒でRISU算数についてわかる動画があるので、ぜひ閲覧してみてください。

提供元のRISU Japan株式会社は、子どもの才能開花を理念に掲げている教育企業。

代表取締役である今木智隆氏は『10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方』という著書を出されています。

むらなか
むらなか
運営会社がしっかりしていると安心できますね。

RISU算数の詳細はこちら

※クーポンコード『ari07a』を入力しないとお試し体験できないので注意

RISU算数 公式URL:
https://www.risu-japan.com/

RISU算数の受講後の流れ

むらなか
むらなか
RISU算数のお試し体験に申し込んで、学習がスタートするまでの流れを紹介しますね。

お試し体験に申し込むと、すぐに家にRISUが届きました。ワクワク。

箱の中身は

  • タブレット本体
  • タッチペン2本
  • ACアダプタ
  • 充電ケーブル2本
  • RISU取扱説明書
  • RISUの”賢い使い方”まるわかりガイド
  • 算数検定の案内書
  • RISU社代表の著書『理系が得意な子の育て方』お試し読み版

上記のとおり。

タッチペンは先っぽがふわふわしているタイプ。

さっそく本体の電源をつけてみます。

最初はWiFiの設定から始まりました。それ以外ほとんど設定はありませんでした。

簡単な設定が終わると、実力テストのスタートボタンが出てきます。

実は、この実力テストはめちゃくちゃ重要です。

なぜなら、この実力テストの結果をもって学習の開始ステージが決まるからです。

テキトーに解いたり、保護者が解いたりすると、データを正しく分析することができません。

WiFiの設定も含めて、最初は親がタブレットを操作したほうが良さそうです。

というわけで、実力テストをスタート。

正答率に応じて、途中の問題も変わるっぽいです。

習っていない範囲の問題は「ならってません」ボタンもあります。

実力テストが終わると、ステージ選択画面になりました。

今回の私の場合、4年生の内容からスタートすることになりました。

学年に関係なく、その子に合わせたレベルからスタートするというのが良いですね!

4年生の内容からスタートということで、1~3年生のステージはすでにクリア済みとなりました。

クリア済みの範囲を復習するのには料金はかからないそう!

ステージ選択画面はゲームみたいでワクワクします。

自分がどのステージにいて、あとどれくらいやればステージが上がるかなどが可視化されているので、これはやる気になりますね。

問題を解く前にはしっかり解説ページがあるのも良いですね。

あとは、ステージを進めるのみです。

コースもかなり工夫されていて、例えば時計の計算問題ステージに行くためには、足し算レベル2と、引き算レベル2をクリアしないと進めないようになっています。

というわけで、ここまでの感想をまとめます。

  • 設定はとにかく簡単!
  • 実力テストはめちゃくちゃ大事
  • タッチペンのタッチ感は最初はイマイチかと思ったが、すぐに慣れた
  • ゲーム心をくすぐられるようなシステム!

不満な点はなかったです!

お試し体験する(公式サイト)

※クーポンコード『ari07a』を入力しないとお試し体験できないので注意

RISU算数の評判・口コミから判明したメリット・デメリット

デメリット:

・タブレットの操作性がやや悪い

・やめた後は普通のタブレットとして使えない

メリット:

・子供のレベルに合った最適な問題が出題される

・大学生チューターのフォローがついている

・計算問題だけでなく文章・図形・グラフ問題も学べる

RISU算数のデメリット

デメリット①:タブレットの操作性がやや悪い

RISU算数に関して悪い口コミはあまり見つかりませんでしたが、その中でも操作性が悪いという口コミが一部ありました。

「操作性が悪い」とは、具体的には以下のようなことです。

  • 手をついて文字を書くことができない
  • タッチしても上手く反応しない時がある
むらなか
むらなか
慣れれば問題ないかもしれませんが、気になる方はストレスに感じるかもしれません。

タブレットの操作性を確かめるためにも、入会する前にお試し体験をしておいた方が良さそうです。

デメリット②:やめた後は普通のタブレットとして使えない

RISU算数は、解約後に普通のタブレットとして利用できません。

ただし、解約後はタブレットを返送する必要はなく、以下のことができます。

  • 復習専用端末として、過去に問いた問題を繰り返し解ける
  • 過去に配信されたレッスン動画の視聴が可能

RISU算数のメリット

メリット①:子供のレベルに合った最適な問題が出題される

RISU算数の魅力的な点は、学年という概念がなく、先取り学習も戻り学習もできるところです。

RISU算数にはAI機能が入っており、「今自分が理解できる問題」を自動抽出してくれます。1年生であろうと6年生であろうと、出てくる問題はぎりぎり背伸びすれば解ける問題が出てきます。

むらなか
むらなか
つまり、難しすぎる問題も、簡単すぎる問題も出てこない仕組みになっているのです。適度な問題しか出てこないので、子どものモチベーションがあがりやすいようになっているわけですね。

RISU算数の問題は、「ステージ」という単元ごとの区切りになっています。

全部で94ステージあり、お子さんのレベルに合ったステージから始まって、だんだんとステージを進めていくという学習の仕方です。

メリット②:大学生チューターのフォローがついている

学習したデータはすべてRISUに送信されています。

この教育データを使って、「いつ」「何回」同じ問題にチャレンジしたかが分かります。面白いのは、その子が日をおいて再チャレンジしているかどうかとか、またあてずっぽうで問題を解いているみたいなこともAIによって判断できるんですよね。

それぞれの学習のデータを元に、つまづきを検知すると大学生から励ましのメールやフォロー動画を送ってもらえるというシステムです。

お子さんが分からなくなってしまったところを、解説動画でピンポイントで教えてくれるようになっています。

メリット③:計算問題だけでなく文章・図形・グラフ問題も学べる

RISU算数を使えば、計算問題だけでなく、文章問題や図形問題、グラフ問題にも強くなれます。

この点に関しては、公文との大きな違いですね。

むらなか
むらなか
公文の場合は「計算問題」がメインになります。計算問題を極めるうえでは公文は最適なんですが、文章問題までできるようになりたい場合には、公文は物足りないと感じるかもしれません。

その点、RISU算数では素早く正確に計算できるための「計算問題」から、思考力を要するような「文章問題」まで網羅的に学習することができます。

「効果あり!」というTwitterの口コミ評判

RISU算数の料金

RISU算数の料金体験はやや複雑で、進めば進むだけ料金が上がるシステムになっています。

RISU算数の料金は「基本料金+学習進度に応じた月額利用料」で決まります。

月額料金
※全て税込表示
①基本料金:2,750円(固定)
+
②利用料金
1ステージ未満/月:0円
1.2ステージ/月:1,100円
1.7~2ステージ/月:3,300円 ←利用者平均
2.5ステージ/月:5,500円
3ステージ以上/月:9,350円(上限)
入会金 0円
解約金 0円
タブレット費用 0円

トータルで月々3,850円または6,050円かかると思っておくと良いと思います。普通の子が利用したらこれくらいだそうです。

月額利用料は、お子さんの学習進度によって変わります。

つまり、ひと月に1ステージ以上進むと利用料がかかってくるということです。

学習速度に応じて料金が変わるシステムは、一見めんどうな感じがしますが、学習があまり進んでいないにも関わらず、高額の利用料を取られることがないので安心できます。

むらなか
むらなか
教材代とチューターの動画込みの値段なので、普通の同程度のサービスと比べたら納得のいく金額なのかなと思います。

なお、タブレット本体の費用や、解約手数料はありません。

スマイルゼミの専用タブレットは本体9,980円もするので、タブレット費用が無料のRISU算数はかなり良心的だと思います。

お試し体験する(公式サイト)

※クーポンコード『ari07a』を入力しないとお試し体験できないので注意

RISU算数で中学受験対策は可能?

結論から言うとRISU算数でしっかり最後まで学習すれば中学受験の算数で合格点をとれる可能性は十分にあるでしょう。

RISU算数は中学受験の実績豊富!

「全国模試1位」「開成/麻布/渋谷教育学園渋谷 中学合格」など、華々しい実績が続々と出てきているRISU算数。

RISUの公式ブログには、受講生の合格体験記や学習体験記が多数掲載されています。

その中には、中学受験に関わるものも多数あります。

  • SAPIX組み分けテストで満点1位達成
  • 四谷大塚・SAPIXの入塾テストで最上位クラスに合格

苦手意識を持ってしまいがちな算数ですが、RISUの利用者は「算数が好きになった」という口コミが多いです。

算数が得意になれば、中学受験でライバルに差をつけれるだけでなく、中学・高校の数学の勉強にも活きてくるでしょう。

「中学受験基礎クラス」が受講可能

小学校6年分のカリキュラムを終えると、中学受験に直結する「受験基礎」コースを受講することができます。

ただし、料金はその分多くかかります。

  • RISU算数の料金+受験基礎・数学基礎コース料金(月額 1,800円/税込1,980円)

とはいえ、小学校の学習以上のレベルを求めると、大手の進学塾や個別指導に毎月数万円以上の費用がかかるものですよね。それと比べるとRISU算数はかなり良心的だと思います。

最後は自分の目で確認しよう

RISU算数を受講しようか迷っている人は早めに自分の目で確認するのをおすすめします。

「本当にRISU算数に入会しようかな…どこの教材がいいかちゃんと見極めてからにしよう…」

と悩む気持ちは分かりますが、悩んでいる時間がもったいないです。

RISU算数ではお試し体験することができます。

悩むくらいなら、とりあえず試してみて、お子さんに合う教材なのか試してみて、ぶっちゃけ合わないなと思ったらやめればOKです。

お試し体験する(公式サイト)

※クーポンコード『ari07a』を入力しないとお試し体験できないので注意

【2021年最新】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング【徹底比較】タブレット学習、結局どの教材がいいの? 進研ゼミ、スマイルゼミ、すらら…色々あって分からない。 そういう人は多いのではないで...
【目的別】小学生におすすめの通信教育6選【業界人が徹底比較】どの通信教育を選べばいいのか分からない。 「子どもがやりたいと言っている」「自宅での学習習慣をつけるきっかけづくりにしたい」といっ...