タブレット学習

【2021年最新】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング

悩んでいる人
悩んでいる人
小学生向けのタブレット学習が気になっているけど、どれがおすすめなのか知りたい!

そんな悩みを持っている方向けの記事です。

むらなか
むらなか
この記事では、7社以上のタブレット学習教材を比較してきた僕が、小学生に本当におすすめのタブレット学習教材を紹介します。

実際に利用した経験を元に、徹底的に比較をしてランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

むらなか
むらなか
2社以上比較すると、お子さんに合った教材が選べる可能性が高まります。まずは、気になったタブレット教材の資料請求するところから始めましょう。

小学生のタブレット学習教材の選び方

タブレット学習には大きく「お手持ちのPC・タブレットで学ぶスタイル」と「専用タブレットで学ぶスタイル」の2つに分けられます。

専用タブレットを使わない場合は、親が使っている端末を子どもに貸すだけなので、わざわざ新しくタブレットを買わなくても済むのが利点ですよね。

その一方で、市販のタブレットではアプリ利用やネット閲覧ができてしまうというデメリットがあります。

専用タブレットを使うにしろ、市販のタブレットを使うにしろ、それぞれのメリット・デメリットは理解しておきましょう。

小学生におすすめの人気タブレット学習教材ランキング

小学生におすすめのタブレット学習教材は以下の軸で決定しています。

  • 料金の安さ
  • サポートの手厚さ
  • 解説の分かりやすさ
  • 学習とゲーム性のバランス

1位:すらら

すららの評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

学習習慣をつけたいというお子さんなら「すらら」がもっともおすすめです。

2012年には「日本e-Learning大賞文部科学大臣賞」を受賞し、現在では全国800以上の塾や学校で使われている実績があります。

すららでは、一人ひとりに担当のすららコーチがつきます!お子さんの特性をヒヤリングしたうえで、オリジナルの学習設計をしてくれます。

定期テストに向けての不安点や授業に追いつくまでにやるべきことを分析して、毎週どれだけ進めればいいかをアドバイスしてくれます。

1人1人に合わせた目標を設定することで、モチベーションを高く保ちながら学習を進めることができます。

また、保護者に向けても、最新の教育情報やお子さんに合わせた学習の進め方など様々なアドバイスをしてくれます。

通塾して何万円という高い月謝を払ってサポートが受けられる塾と同じようなサポートが、自宅でリーズナブルに受けられるのはすららならではのサービスです。

他にも質問への回答や、応援メッセージが届くので、1人でも無理なく続けることができそうですね。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

すららの評判は最悪?失敗しないために、知っておくべきデメリットまで徹底解説すららの評判、デメリット、他の教材と比較した時の感想など、この記事では「すらら」について包み隠さず解説します。失敗しないために、知っておくべき情報も網羅的にお伝えします。...

2位:チャレンジタッチ

チャレンジタッチの評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

チャレンジタッチは、全国の小学生の4人に1人が受講しているほどの人気で、教育業界の中では圧倒的業界No.1です。

業界No.1だからこその安心感と、ゲーム形式で楽しみながら勉強の苦手を克服したい小学生のお子さんにおすすめできるタブレット学習教材です。

チャレンジタッチが他のタブレット学習教材と大きく事なるのは紙教材と併用で進めるところ。

さらにチャレンジタッチでは、国算理社の4教科だけではなく、英語やプログラミングなどの教科も学ぶことができます。

特に嬉しいのは、自宅にいながら人気の本を好きなだけ読める無料の電子図書館。

世界や日本の名作、伝記、自然科学などが約1,000冊いつでも読める電子図書館。映画や動画も含めて幅広くご利用できます。

\スマホでかんたん1分で完了/

お試し体験・資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

【2021年版】チャレンジタッチの口コミ・評判をぶっちゃけてみた そんな悩みを持っている方向けの記事です。 タブレット学習教材の中で利用数No.1を誇るチャレンジタッチ。 本...

3位:スマイルゼミ

スマイルゼミの評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

スマイルゼミは、

タブレットやタッチペンの性能はタブレット教材の中でもNo.1。

  • 手がついても書ける
  • ちゃんと筆圧がかかる
  • 三角ペンで持ちやすい
  • マイクやスピーカーの性能が良い

ゲーム要素の高いチャレンジタッチと比べると、スマイルゼミはゲーム要素はやや抑えめなため、ゲーム要素が少ない方がいい人には特におすすめです。

またスマイルゼミでは、基本料金から680円追加することで、小学1年生から英語を学習することができます。

顧客満足度調査で最優秀賞&部門賞を複数受賞する現存の英語教材で最も口コミがいい教材です。

英語を重点的に学習したいという方には間違いなくおすすめです。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

スマイルゼミ小学生コースは最悪?口コミ評判を徹底解説!スマイルゼミ小学生コースの評判とは?この記事では、スマイルゼミの口コミ、デメリット、他教材と比べた時のメリット・デメリットのを詳しく解説します。...

4位:スタディサプリ

スタディサプリの評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

スタディサプリは、コスパとクオリティの高さを両立させた教材です。

料金は月額1980円と、タブレット学習教材の中でも最安値。

追加料金・入会金・退会費用なども不要です。

派手なアニメーションやゲームなどはなく、プロの動画講義と問題演習を繰り返し確実に学力を高めていくスタイル

「神授業」として評判が良く、とにかく安く始めたい人におすすめです。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

スタディサプリ小学講座の評判・口コミがヤバすぎ【他社と徹底比較】 そんな悩みを持っている方向けの記事です。 小学生におすすめのタブレット学習は「【2021年最新】小学生におすす...

5位:RISU算数

RISU算数の評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

「算数の苦手を克服したい」「算数を得意にしたい」というお子さんであれば、RISU算数以外におすすめのタブレット学習教材はありません

RISU算数にはAI機能が入っていて、「今自分が理解できる問題」を自動抽出してくれます。1年生であろうと6年生であろうと、出てくる問題はぎりぎり背伸びすれば解ける問題が出てきます。

つまり、難しすぎる問題も、簡単すぎる問題も出てこない仕組みになっているのです。適度な問題しか出てこないので、子どものモチベーションがあがりやすいようになっているわけですね。

学習したデータはすべてRISUに送信されています。

この教育データを使って、「いつ」「何回」同じ問題にチャレンジしたかが分かります。面白いのは、その子が日をおいて再チャレンジしているかどうかとか、またあてずっぽうで問題を解いているみたいなこともAIによって判断できるんですよね。

それぞれの学習のデータを元に、つまづきを検知すると大学生から励ましのメールやフォロー動画を送ってもらえるというシステムです。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

RISU算数の評判は?実際に利用した人の口コミをもとに徹底解説! そんな悩みを持っている方向けの記事です。 RISU算数をはじめとして、タブレット学習には様々な種類があって、結局どれを使え...

6位:Z会

Z会の評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

Z会は、やりごたえのある応用問題を中心に勉強したいお子さんにおすすめです。

全国の難関私立中学校への合格に特化したコースで、御三家と呼ばれる名門中学校などへ毎年多くの合格実績を残している通信教育です。

良質な問題とシンプルな作りが評判で、顧客満足度もNo.1という実績があります。

Z会の通信教育では一人一人に担当の指導者がつき、添削指導や進め方の相談などのサポートを受けることができます。

担当指導者からの丁寧なコメントは保護者だけでなく、子供のモチベーションを高めてくれてうれしいと評判です。

すでにある程度勉強の習慣がついていて、さらにレベルアップしたいお子さんや、中学受験を考えているお子さんならZ会を検討しましょう。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

Z会「小学生タブレットコース」の口コミ評判・デメリットなどを解説 そんな悩みを持っている方向けの記事です。 Z会をはじめとして、タブレット学習には様々な種類があって、結局どれを使えば良いか...

7位:デキタス

デキタスの評価

料金の安さ
サポートの手厚さ
解説の分かりやすさ
学習とゲーム性のバランス
総合評価

デキタスは、マルバツ形式で教科書の内容の復讐をしたいお子さんにおすすめです。

デキタスでは「できた」という子供達の達成感を大事にしています。

授業を受けたらマルバツチェックで基本をチェックし、基本問題で教科書内容をマスターし、更にチャレンジ問題で応用に挑戦することが可能です。

間違えた問題はキミ問ピックアップに自動的に蓄積されていき、リトライすることも簡単です。

1つの授業が2〜5分程度と短いので、空いている時間にさっと学習したり、習い事などで忙しいお子さんにもぴったりの教材ですね。

\スマホでかんたん1分で完了/

資料請求はこちら(公式サイト)

資料請求にお金はかかりません

【2021】デキタスの口コミを確かめに、実際に無料体験した感想! そんな悩みを持っている方向けの記事です。 デキタスはじめ、タブレット学習には様々な種類があり、結局どれを使えば良いかわから...

小学生におすすめのタブレット学習教材の比較表

ここまでに紹介してきたおすすめのタブレット学習をそれぞれ比較表にまとめました。

タブレット学習 月額料金(税込) 使用端末 総合評価 特徴
すらら 8,228円~ PC・タブレット 現役の塾講師「すららコーチ」が学習をサポート
チャレンジタッチ 2,980円~ 専用タブレット 小学生利用者数No.1の大人気講座
スマイルゼミ 3,278円~ 専用タブレット 高性能タブレットで楽しく学べる
スタディサプリ 2,178円 スマホ・PC・タブレット 月額1980円〜で神授業を受け放題
RISU算数 2,728円~ 専用タブレット 算数に特化したタブレット教材
Z会 2,992円~ iPad ハイレベル教材で難関校合格者も多い
デキタス 3,300円 PC・タブレット マルバツ問題で教科書レベルの知識をマスター

小学生のお子さんにおすすめできるタブレット学習は、上記の7社です。

教材選びでは、基本的に複数社を比較するのが前提となるので、上記から2〜3つ資料請求・無料体験するのがおすすめです。

徹底比較した結果のおすすめ5サイトですので、全てを体験してみるでも悪くはないと思います。

小学生のタブレット学習の選び方注意点

本記事でも紹介しているように、タブレット学習教材は数多くあります。

効率よく教材を選ぶために、お子さんに合ったタブレット教材を選ぶためのコツを紹介します。

前提として、タブレット教材にも得意・不得意な分野があることを頭に入れておきましょう。

各タブレット教材の特徴を把握した上で、お子さんに合った内容の教材を利用しましょう。

実際に手元に資料が届いたら、お子さんとご一緒に資料を見比べましょう。

注意点

ここで「1つ」お願いがあります。

それは、どの教材にするかは最終的にはお子さんご自身に決めてもらうことです。

なぜなら、自分で決めて選んだものは、継続して使ってくれやすいからです。

まずはお子さんとご一緒に資料を見比べつつ、どれにするか相談しましょう。

【2021年】ICT教育によるタブレット学習はどう変わる?

近年、世界の教育現場で電子黒板やタブレットなどのICT機器の導入が進んでいます。

これまでの教育は、黒板とノートを使用し、先生が板書したものを生徒が書き写し、内容を覚えるスタイルの一方的な授業がほとんどでした。

文部科学省の調査によると、タブレット端末を活用したほうがテストの成績が上がるという結果が出ています。

タブレット端末を活用した授業後のテストの成績が小学校では国語で5%水準、社会、算数、理科では 1%水準で有意に高いことを示した。
(出典:ICTを活用した教育の推進に資する実証事業 報告書

この調査では、2つのグループにわけ、「タブレット端末を活用した授業」と「タブレット端末を活用しなかった授業」をそれぞれ行いました。授業後にテストした結果、タブレットを活用したほうが成績が良かったという結果が出ました。

こういった背景もあり、将来的には以下の動画のような教育が主流になると予想されます。

教育分野でICTを活用するとどう変わるのか、ご紹介します。

学習効率が上がる

板書が不要な分、授業時間を有効活用できます。

先生の授業準備も短縮できます。授業のための資料作成時間が省けたり、授業後は保存がきくので編集を加えながらブラッシュアップも可能です。

また、タブレット学習では、自分の得意部分や苦手な範囲を分析してくれる機能があります。一人一人の苦手を把握することで、先生や親の指導もしやすくなり、効果のある学習が期待できます。

さらに、通常の紙の教材であれば、一度問題を解いてしまうと2周目を解くことはできませんが、タブレット学習であれば間違えた問題も何回も復習することができます。

学校の授業が分かりやすくなる

タブレットと電子黒板を一緒に使用することにより、回答をすぐに表示できたり、自分の作った答案もすぐに表示できるので、授業もスムーズかつ分かりやすく進めることができます。

以前は紙媒体の資料や、先生の手書きの図解が主流でしたが、本物の写真や動画を映し出すことができ、ズームなども簡単にできるのでイメージしやすくなります。

別の地域の人と交流ができる

例えば、プロの先生の話を聞いたり、地域の中学生との交流をしたり、海外の小学生と通話ができたりするなど、実際には会うことが難しい人と話すことができます。

自分が実際に経験できない情報を取り入れることができるので、子どもの視野が広がります。

電子機器の使い方を覚える

現代においては、遅かれ早かれパソコンやタブレットが使いこなす力が必ず必要となります。

小学生から授業で使うことによって、機器を使いこなしたり、ICT機器やアプリを用いて何ができるのかを理解できます。

タブレット学習のメリット・デメリット

タブレット学習のメリット・デメリットについて整理します。

タブレット学習のメリット
  • 子供が自主的に勉強してくれる
  • 時間効率が圧倒的に高い
  • 何度でも復習できる
タブレット学習のデメリット
  • ゲームに夢中になりすぎる場合がある
  • 知識がうろ覚えになる
  • 粘り強く考える癖がつかない
  • 学習量は自主性に依存してしまう
  • 目が悪くなる可能性がある
  • タブレットが壊れる可能性がある

タブレット学習は、子供が自分のペースで進められたり、親が進捗を把握しやすかったり、時間を有効活用できたりするというメリットがあります。

一方で、対面のコミュニケーションや実際の体験、紙に書く練習といったことが手薄になってしまうデメリットもあります。

タブレット学習だけで完結しようとせず、デメリットを理解し、ご家庭ごとの効果的な学習スタイルを見つけるようにしましょう。

タブレット学習のデメリットについては以下で詳しくまとめているので、気になる方はお読みください。

タブレット学習のデメリットがヤバすぎ、衝撃の事実発覚【対処法あり】タブレット学習のデメリットとは?この記事では、紙教材と比較しつつ、タブレット学習のデメリット・メリットをまとめます。タブレット学習をこれから始めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。...

小学生のタブレット学習で視力は悪くなる?

タブレット学習を始めるうえで一番の懸念点は、視力の低下ではないでしょうか。

タブレット学習は小さな液晶を見ながら学習するため、目を休めずに長時間やり過ぎ、その結果目が悪くなる恐れがあります。

文部科学省のデータによると、確かに子供の近視が増えています。

一度視力が悪くなってしまうと元に戻らないので、本当に気をつけなければなりません。

しかし、「タブレット学習は視力に悪いので使わない」という考えには僕は反対です。

個人的には一日数十分しかしないタブレット学習でそこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

それより、youtubeなどの見すぎを気にした方が良いかもしれません(汗)

どのタブレット教材も短い時間で学習できるように作られています。

以下の記事でタブレット学習で視力は悪くなるのかどうかや、対処法について解説しているので、心配な方はお読みください。

タブレット学習で視力は落ちる?目が悪くならない方法を徹底解説!タブレット学習で視力が悪くなるのか?この記事では、こういった疑問に答えます。タブレット学習は目に悪いと言われていますが、本当なのでしょうか。この記事では、口コミをもとに、その真相と、対処法などを徹底解説します!...

小学生のタブレット学習でよくある質問

タブレット学習の教材選びは、失敗しないかどうかで不安も多いでしょう。

周りでよく聞く転職の不安や悩みについて一問一答形式でお答えしていきます。

タブレット学習で視力は低下しませんか?

長時間タブレットの画面を見ていると目が悪くなりやすいです。

ご紹介したタブレット学習はいずれも授業時間が10~15分で見終わるように作られているので、授業が終わるたびに目を休めるようなルールを設けましょう。

1日の学習時間の目安はありますか?

15~40分です。

発達障害の子でもタブレット学習はできますか?

利用可能です。

小学生におすすめのタブレット学習まとめ

小学生におすすめのタブレット学習教材を紹介しました。

最後にもう一度おすすめのタブレット学習教材をまとめておきます。

小学生におすすめのタブレット学習教材
  • 1位:すらら
  • 2位:チャレンジタッチ
  • 3位:スマイルゼミ
  • 4位:スタディサプリ
  • 5位:RISU算数
  • 6位:Z会
  • 7位:デキタス

タブレット学習の教材選びで最も難しいことは、最初の一歩を踏み出すことです。

教材の資料請求や無料体験に申し込みをする小さな一歩を踏み出すことで、その先はスルスルっと進んでいってしまいます。

小学生は何にでも挑戦できて、何者にでもなれる可能性を大きく秘めた時期です。

ぜひお子さんのためにも今すぐ「小さな一歩」を踏み出してみてください。