勉強の悩み

タブレット学習で視力は落ちる?目が悪くならない方法を徹底解説!

《タブレット学習ライフ推薦!勉強が苦手な子におすすめの通信教材》
1位すらら
勉強が苦手な子におすすめ。現役塾講師の「すららコーチ」がお子さん一人ひとりに合わせてサポートしてくれるので、勉強の挫折もしにくいです。
2位チャレンジタッチ
タブレット学習利用者No.1。ゲームを通じて学習をしたい子におすすめ。
3位スマイルゼミ
シンプルな教材で、勉強とゲームのメリハリをつけて学習したい子におすすめ。

悩んでいる人
悩んでいる人
タブレット学習に興味があるけど、視力が悪くならないか心配。タブレット学習ってやっぱり目に悪い?

そんな悩みを持っている方向けの記事です。

むらなか
むらなか
この記事では、タブレット学習オタクである僕が、タブレット学習による視力への影響について解説します。

最近では学校からタブレットが配布されたというご家庭も多いですよね。

子どもは夢中になりそうだし、アニメーションで解説してくれると分かりやすいとは思うものの、そんな時「タブレットで勉強しても、目が悪くならないの?」と不安に思うかもしれません。

結論から述べると、タブレット学習にしろ、紙教材での学習にしろ、長時間見続けると視力は低下します。

大切なことは、適度に休憩をとって目を休ませてあげることです。

むらなか
むらなか
タブレット学習だから目に悪いというのではなく、長時間画面を見続けるから目に悪くなります。

本記事では、視力が悪くなる原因をまず紹介したうえで、タブレット学習をするうえで視力を落ちにくくする対処法をご紹介します。

1分ほどで読めるようにまとめているので、ぜひ最後までお読みください。

小学生におすすめのタブレット学習は「【2021年最新】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング」にて紹介していますので、合わせてご覧くださいませ。

タブレット学習で視力が落ちる原因

そもそも、視力が落ちる原因は何なのか、知っておきましょう。

視力が落ちる原因は「近くのものを長時間見続けること」です。

他にも原因はありますが、子供の視力が悪くなる主な原因は、タブレットに限らず、スマホ、本、ゲームなどを近距離でずっと見続けてしまうことです。

長い時間近くのモノを見続けることにより、脳が勘違いをして近くのモノを見やすいように目の構造を作り替えてしまうのです。

長時間タブレットの画面を見続けると、視力の低下に繋がります。

むらなか
むらなか
タブレット学習は小さな液晶を見ながら学習するため、目を休めずに長時間やり過ぎ、その結果目が悪くなる恐れがあります。

近年では、小学生でもスマートフォンを持つようになった時代的な影響もあって、近視の子どもたちが増えてきています。

文部科学省のデータによると、視力の低い子どもは年々増えていることが分かります。

視力は一度悪くなると、元に戻らないことがほとんどなので、本当に気をつけなければならないです。

タブレット学習で視力低下?スマイルゼミやチャレンジタッチも大丈夫?

結論から言うと、タブレット学習は、正しく使うことで視力低下は防げます。

タブレット学習も、適度に休憩を取れば、視力が落ちる可能性を低くすることができます。

タブレット学習のどの教材も、視力低下を防いで適度に休憩が取れるように、1回10~15分という短い時間で学習できるように作られています。

むしろ気にするべきは、タブレット学習よりも、youtubeなどの見すぎだと個人的には思います。

タブレット学習でそこまで気にしなくてもいいのではないかと思います。

参考までに、RISU算数は「タブレット学習で目が悪くなるのではないか」という質問に対して以下のように回答していました。

短い時間で学習出来るように作られている

タブレットやパソコンだけでなく読書や勉強など、目の近くの文字を読む、または作業する行為は目の筋肉である眼筋を酷使する行為です。
眼筋が凝り固まると近視になってしまうといわれています。
紙での勉強であっても、勉強中は意識的に遠くをみるなどして筋肉をほぐすことが大事です。多くのタブレット教材はあまり長い時間を費やさなくて済むように1日15~20分程度で出来るように作られています。
学習したご褒美に出来るゲームなどを心配されるのであれば、文房具などと交換できるタブレット教材を選ぶといいでしょう。
また就寝前に使用すると眠りが浅くなるため、なるべく使用を控えましょう。
公式サイトより

【暴露】RISU算数の評判を確かめに、受講者インタビューした結果 そんな悩みを持っている方向けの記事です。 RISU算数をはじめとして、タブレット学習には様々な種類があって、結局どれを使え...

RISU算数に限らず、どのタブレット教材も短い時間で学習できるように作られています。

参考:視力低下が心配の場合は、ゲーム性の低い教材を選ぶのがおすすめ

タブレット学習教材の中には、ゲーム性の高い教材と、あまりゲーム性の高くない教材があります。

まとめたグラフが下記になります。

チャレンジタッチはゲーム性の高い教材の代表格で、派手な演出がとにかく多いです。

派手な演出が多ければ多いほど目に負担にはなるので、適度な休憩を取れば大丈夫だとは思いますが、やはり視力に影響がないか心配ですよね。

ですので、視力低下がどうしても不安な方の場合は、できるだけゲーム性の高くない教材を選ぶのが良いかなと思います。

【2021年最新】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング【徹底比較】 そんな悩みを持っている方向けの記事です。 タブレット学習をはじめ、通信教育って失敗談が多いんですよね。 続か...

タブレット学習で視力が悪くなったという口コミ

Twitter上で、タブレット学習で「視力」に関して言及しているツイートを探してみました。

むらなか
むらなか
紙媒体の学習も同時にすることで、タブレットを長時間見ることを避けているそうです。

むらなか
むらなか
タブレット学習や、机に座る姿勢が悪くなったことにより、視力が悪くなってしまったそうです。

むらなか
むらなか
コロナの自粛期間中にタブレット学習が増えた結果、視力が落ちてしまったそうです。

むらなか
むらなか
ただでさえ日光を浴びない昨今なのに、さらにタブレット学習で目が悪くなるとつぶやかれています。

むらなか
むらなか
タブレット学習は「あくまで補助」にしているそうです。

Twitterでの口コミは以上です。

タブレット学習で視力を悪くしないためのポイント

タブレット学習をすれば、必ず視力は低下してしまうのか?

視力を落とさないためには、タブレットと上手く付き合っていく事が大切です。

タブレットの使用時間と適度の休憩

視力低下を防ぐため、まず子供と適切な使用時間を決めて使う事が大切です。

お子さんと、使用時間は1日4時間、30分~1時間おきにこまめに休憩を挟むなどルールを作りましょう!

また休憩時には1分間、目をグルグル回して体操、遠くを見つめるだけでも目の疲れがとれすっきりしますよ!

ブルーライトカット

ブルーライトカット効果のある眼鏡やフィルムの使用もおすすめです。ブルーライトは、目の疲れ、首や肩のこり、ドライアイを引き起こします。子供の目は日々成長しているため、ブルーライトを浴びることは大人以上に悪影響を受けるとされています。そのため、ブルーライトへの対策をしていくことが重要です。

画面の明るさ調整

タブレット、スマートフォンを使用していく上で画面が明るすぎる、暗すぎることも眼に大きな負担を与えています。適切な画面の明るさは、環境下に合わせて調節していきましょう。また、暗闇での端末の使用は、暗い部屋で明るいものを見るという行為によりピントを合わせることに時間を要するため眼の使いすぎを招きますので注意しましょう。

姿勢

タブレット教材は机に向かって勉強せずに、ソファやベッドでも使用出来ます。ソファでくつろぎながら学習することが可能となりますが、寝転びながらであると画面をより自分の近くへ持ってきてしまい近距離でモノを見ることになるため視力低下に繋がります。

そうならないためには、子供が姿勢を崩していたら注意をして呼びかけていく、机でタブレットを使用する環境を整えていくことが重要です。

まとめ:タブレット学習で子どもの目が悪くなる?

というわけで、今回はタブレット学習で視力は落ちるのかについて、解説しました。

これからタブレット学習を始めたいという方の多くは、タブレット学習による視力低下を懸念されているのではないでしょうか。

むらなか
むらなか
本記事で解説したとおり、タブレット学習そのものが悪いのではなく、小さな液晶を見なが長時間見続けることで目が悪くなります。

本記事の内容を参考に、視力低下を対策しながらタブレット学習に取り組むようにしてください。

これからタブレット学習を始める方向けに、以下の記事でおすすめのタブレット学習教材を紹介しているので、ぜひこのあとお読みください。

【2021年最新】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング【徹底比較】 そんな悩みを持っている方向けの記事です。 タブレット学習をはじめ、通信教育って失敗談が多いんですよね。 続か...

また、視力が悪くなる恐れがある以外に、タブレット学習のデメリットについて知りたい方は、以下の記事でまとめているので、こちらもセットで読むと理解が深まります。

【結論】タブレット学習のデメリットとは?紙教材と比較して徹底解説タブレット学習のデメリットとは?この記事では、紙教材と比較しつつ、タブレット学習のデメリット・メリットをまとめます。タブレット学習をこれから始めようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。...