MENU
タブレット学習・通信教育教材

不登校の中学生におすすめの通信教育3選!実際の口コミや体験談あり!

  • 学校で授業を受けていないため、勉強のペースが乱れている
  • 独学では教材を理解するのが難しい
  • 学習のモチベーションが低く、勉強に対して興味を持てない

不登校の中学生は、学校に通うことができないため、学習について悩むことが多いでしょう。

学習に対する不安やストレスがあり、勉強をするのが辛いと感じているかもしれません。

そんな不登校生にとって、通信教育は非常に有効な選択肢です。

通信教育には、学習のペースを自分で調整できるというメリットがあり、不登校による学習の乱れを修正することができます。

むらなか
むらなか
そこでこの記事では、不登校の中学生におすすめの通信教育を紹介します。

結論から言うと

不登校の中学生におすすめ
  • 1位:すらら
    勉強が嫌い・苦手な人はこれ。無学年方式で、お子さんのレベルに合わせてスモールステップで基礎学力をつけていけます。自主的に勉強するようになったという口コミも多いです。発達障害や不登校などのサポートも充実。
  • 2位:進研ゼミ
    利用者数No.1の進研ゼミ。幅広い人に対応した教材です。解説も丁寧で分かりやすく、費用も低価格でコスパ抜群。だから続けやすいです。
  • 3位:サブスタ
    2022年に新登場した自宅学習サービス。生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドの学習計画表を作成してくれます。

上記の中であなたのお子さんに当てはまる教材はぜひ資料請求・お試し体験してみましょう。余裕がある方は複数社の比較も忘れずに。

どれか1つ選べといわれたら、不登校生へのサポートや実績が豊富な「すらら」が一番おすすめです。

不登校の中学生におすすめな通信教育トップ3

不登校の中学生におすすめ
  • 1位:すらら
    勉強が嫌い・苦手な人はこれ。無学年方式で、お子さんのレベルに合わせてスモールステップで基礎学力をつけていけます。自主的に勉強するようになったという口コミも多いです。発達障害や不登校などのサポートも充実。
  • 2位:進研ゼミ
    利用者数No.1の進研ゼミ。幅広い人に対応した教材です。解説も丁寧で分かりやすく、費用も低価格でコスパ抜群。だから続けやすいです。
  • 3位:サブスタ
    2022年に新登場した自宅学習サービス。生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドの学習計画表を作成してくれます。

以降では各教材の詳しい紹介をしていきます。

1位:すらら

すらら公式HP:
https://surala.jp/home/

すらら」は、自分のペースで学習できる無学年のオンライン教材です。

偏差値30台、勉強嫌い、発達障害の子どもでも、楽しく勉強して成績が伸びることができます。不登校の子どもに寄り添ったサポートが充実しています。

フォロワー1.8万人のカワグチさんも、すららをおすすめしています↓

すららは、文部科学省が定める要件を満たしているため、自宅学習でも学校の授業に出席したと見なして良いことができます。

  1. 保護者と学校との間に十分な連携・協力関係があること
  2. ITや郵送,ファクシミリなどを活用して提供される学習活動であること
  3. 訪問等による対面指導が適切に行われること
  4. 当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること
  5. 校長が対面指導や学習活動の状況を十分に把握していること
  6. 生徒が学校外の公的機関や民間施設において、相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること
  7. 当該学習の計画や内容が、その学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること

出典:文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」

文部科学省は不登校の児童生徒に対し、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにするという方針を定めています。この要件に「すらら」は満たしています。

詳しくは、すらら公式HPから資料請求してください。申込みの際に「不登校」にチェックを入れると、出席扱いに関する資料も送ってくれます↓

1月入会の方限定
\ユニットクリアキャンペーン実施中!/

【すらら】
資料請求・入会はこちら

お子さんのペースに合わせた学習法で勉強の不安を解消

すらら公式URL:
https://surala.jp/

キャンペーン情報:2023年1月23日更新

2023/1/31までに入会した方限定で、学習するほど豪華景品がGETできるキャンペーンが実施されています。

最大でAmazonギフト券5000円分がもらえます。

むらなか
むらなか

キャンペーンがあることで、お子さんのやる気アップにつながります。

すららに入会を検討している方は、お得なユニットクリアキャンペーンの間に申し込むのがおすすめです!

>>すらら公式サイトを見る

【2023年最新】すららの評判は?口コミから判明した使うべき子を紹介!すららは最悪って本当?この記事では、すららの口コミ評判、デメリット、他の教材と比較した時の感想などを包み隠さずご紹介します。記事を読むことで、すららは勉強嫌いな子や、発達障害・不登校のお子さんにおすすめであることが分かります。...

2位:進研ゼミ

進研ゼミは、不登校の中学生にとって非常に有用な教材です。

学校の教科書に沿った指導をするため、授業についていけなくなった不登校生には特におすすめです。

不登校で自信を無くしている子供にとっても、進研ゼミの特徴である赤ペン先生による添削指導は非常に有益です。

添削・採点だけでなく、できたところを褒めることで自己肯定感が上がり、学習意欲の向上が期待できます。

また、進研ゼミは、不登校の子供が自宅学習をするために必要なサポート体制も充実しています。

勉強のやり方や進路について相談できるサービスもありますので、不登校で自宅学習をする母親が安心して利用することができます。

進研ゼミは、不登校の中学生が学校の授業進度に追いつけ、自信を取り戻すために最適な教材です。

\中学生利用者数No.1/

資料請求・入会はこちら

進研ゼミ公式HP↑

進研ゼミ公式HP:
https://chu.benesse.co.jp/

進研ゼミ中学生の口コミはどう?良い評判・悪い評判を総まとめ!この記事では、進研ゼミ中学講座の悪い評判から良い口コミまで、すべて実際の体験談や評判をもとに検証した結果を紹介します。...

3位:サブスタ

運営会社 株式会社lean_earns
対応学年 小学1年生〜高校3年生
料金 小学生:4,900円/月
中学生:7,900円/月
不登校のサポート (4.0)
イラストやアニメ (4.0)
無学年制 (4.5)

サブスタは、2022年に新登場した自宅学習サービスです。

サブスタは映像授業でおうち学習できるサービスで、学習計画表の作成してくれる点や、サブスクリプションで契約できる点などが特徴です。

サブスタはICT教材を使ったオンライン学習を、月々のサブスクリプションとして利用できる学習サービスです。

不登校生徒でも在宅学習により学校で出席扱いとできる制度の要件を満たしているため、不登校生におすすめです。

家庭学習のプロが子供一人ひとりに合わせた学習計画表を作成することから、学習習慣のない子供でも安心して利用できます。

学習計画表は保護者にチャットでヒアリングを実施し、子供の学習状況や悩みを確認した上で立ててくれるため、短い時間で効率よく学力をアップできます。

また学習範囲は全学年対応しているため、自分のペースで勉強を進められる点でもおすすめです。

オーダーメイドの学習計画表を1ヶ月ごとに作成

サブスタの大きな特徴なのが、生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドの学習計画表を作成してくれること。

小中学生は”勉強のやり方”が身についていない子が多いです。

サブスタでは勉強の計画をプロに立ててもらえるので、何を学習すべきかで迷うことがなくなります。

サブスタを使えば、教科書で習う知識だけでなく、正しい勉強法まで習得することができるわけですね。

学習計画表は一か月に一度見直しをするため、最新の状況に合わせたスケジュール感を定期的に反映することができます。

入会・退会が簡単にできる

サブスタは毎月定額を支払って映像授業を見れるサブスク(サブスクリプション)サービスで、入会金0円・解約金0円なので気軽に利用できるのが特徴です。

とはいえ学習には継続することが大切なので、サブスタ学習効果を実感するために、最低利用期間として3ヶ月間は継続受講が必要です。

無料体験期間である14日間のあいだにサブスタを続けるかどうかを判断するのがおすすめです。

\国内初のおうち学習サブスク/

とりあえず資料請求する(無料)

サブスタ公式サイトに飛びます↑

サブスタとは?他社サービスと比較してどう?口コミ評判を徹底調査!サブスタという学習サービスが登場しました。この記事では、サブスタと、従来のタブレット学習・通信教育とがどのように違うのかをまとめました。...

不登校の中学生に合う通信教育の選ぶポイント4選

1.タブレット学習をやってみる

不登校の中学生が通信教育を使って勉強をする場合、紙の教材ではなく、タブレットを使った教材がおすすめです。

むらなか
むらなか
タブレット学習は、視覚的に分かりやすく解説してくれるため、勉強が苦手な子にとっては取り組みやすいです。

例えば、タブレット上では動画や音声、アニメーションを使って、理解しづらい概念を視覚的に表現することができます。また、タブレットには辞書やインターネット接続の機能があるため、不明な単語や概念をすぐに調べることができます。

これらの視覚的な表現や調べ物の機能は紙の学習教材にはないため、勉強が苦手な子にとっては取り組みやすいと言えます。

2.実績が出ているサービスを選ぶ

不登校の中学生が通信教育を始める場合、基本的には、実績が出ているサービスを選びましょう。

むらなか
むらなか
ここで言う「実績が出ている」とは、不登校生が使って、成果が上がったという口コミがあるという意味です。

実績のあるサービスは、長期間にわたって展開しているため、信頼性が高く、安心して学習することができます。

また、教師サポートを充実しているため、不明な点や質問に対して即時に回答することができます。これにより、学習に対する不安や不明な点が解消され、学習効率が上がります。

3.継続しやすい価格帯を選ぶ

不登校の中学生が通信教育を始める場合、継続しやすい価格帯の教材を選びましょう。

むらなか
むらなか
家計にも優しい価格の教材を選ぶことで、負担を最小限に抑え、心理的なプレッシャーも軽減することができます。

高額な教材を購入した場合、「すべて使わなければならない」というプレッシャーが生じ、学習を続けることが困難になる可能性もあります。

手頃な価格の教材を選ぶことで、継続性を高め、長期間に渡って学習を続けることができます。

4.子供のレベルに合わせた教材を選ぶ

不登校の中学生が通信教育を始める場合、子どものレベルに合わせた教材を選びましょう。

子どもが理解できない内容の教材を選ぶと、学習に対する不安や不明な点が増え、学習モチベーションが低下する可能性があります。

子どもが理解できる内容の教材を選ぶことで、学習に対する自信がアップし、より学習を続ける意欲が高まります。

子どものレベルに合わせた教材を選ぶことで、学習効率が高く、学習モチベーションが高く、学習に対するストレスも軽減できるでしょう。

不登校の中学生が通信教育で出席扱いになる条件

文部科学省によると、以下の7つの要件を満たしていれば、自宅学習でも学校の授業に出席したと見なして良いとされています。

  1. 保護者と学校との間に十分な連携・協力関係があること
  2. ITや郵送,ファクシミリなどを活用して提供される学習活動であること
  3. 訪問等による対面指導が適切に行われること
  4. 当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること
  5. 校長が対面指導や学習活動の状況を十分に把握していること
  6. 生徒が学校外の公的機関や民間施設において、相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること
  7. 当該学習の計画や内容が、その学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること

出典:文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」

文部科学省は不登校の児童生徒に対し、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにするという方針を定めています。

不登校の中学生における通信教育について|よくある質問

不登校中の勉強はどう対応すればよい?

不登校中の勉強には、以下のような方法があります。

  • 自己学習:
    自分自身で勉強すること。教科書や参考書などの教材を使って、自分自身で勉強することことができます。
  • オンライン授業:
    パソコンやタブレット・スマホを使って、勉強することができます。
  • 家庭教師:
    家庭教師などを雇って、家庭で勉強することができます。

これらの方法から、子どもにあった方法を選択することで、不登校中の勉強を効率的に進めることができます。

通信教育と通信制中学との違いは?

通信教育と通信制中学は、どちらも不登校の学習を支援する教育サービスですが、それぞれ異なる点があります。

通信教育は、定期的に送られてくる学習教材を使って、自宅で学習をすることができる教育サービスです。通信教育は、学習者が自分のペースで学習をすることができるのが特長です。

通信制中学は、中学校の教育を通信教育と組み合わせた教育システムです。通信制中学では、学習者は自宅で学習教材を受け取り、定期的に提出課題や受験を行うことが求められます。また、通常の中学校と同様に、単位を取得して高校へ進学することができます。

通信教育は自己学習型であるのに対して、通信制中学は指導型であり、成績評価や単位取得も行っていることが違いです。

中学生で不登校になると高校受験にどう影響する?

不登校になると、高校受験に影響を及ぼす可能性があります。

まず、不登校中に学習していないと、学力に遅れが生じることになります。これは、高校受験においても不利になることが考えられます。

ただし、不登校中でも、自己学習や通信教育などで学習をすることで、学力を維持し、高校受験に向けた勉強をすることができます。

通信制高校は誰でも入学できる?

通信制高校には、通常の高校と同様に入学試験があり、その結果によって入学が決まります。そのため、誰でも入学できるとは一概には言えません。

ただし、通信制高校に入学するためには、通信教育に適した環境や、自己学習に向いている性格が必要です。また、中学校を卒業していることが条件です。

不登校生の中学生は、積極的に通信教育を活用してマイペースに学習を!

不登校の中学生は、学校に通うことができないため、学習について悩むことが多いでしょう。

そんな不登校生にとって、通信教育は非常に有効な選択肢です。

通信教育には、学習のペースを自分で調整できるというメリットがあり、不登校による学習の乱れを修正することができます。

【2023年1月】中学生におすすめの通信教育ランキング14選!目的別に紹介!この記事では中学生におすすめの通信教育をご紹介します。それぞれの教材を徹底的に比較し、どんな人におすすめなのか、どう違うのか、どれを選ぶべきか、を分かりやすく解説します。...
不登校生におすすめのタブレット学習5選!実際の口コミや体験談あり!不登校生におすすめのタブレット学習を紹介します。人と会わずに、家で勉強できるタブレット学習。学習習慣が身につき、勉強することに抵抗感がなくなれば、学校に復帰するきっかけにもなります。...
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。