タブレット学習・通信教育教材

【小学生】漢字練習ができるタブレット学習おすすめ3選!

GIGAスクール構想により、すっかり普及したタブレット学習。

今どきでは、小学生がタブレットを使用して勉強をする光景も普通になりました。

そんなタブレット学習ですが、漢字練習までできるのか気になる方も多いと思います。

むらなか
むらなか
この記事では、漢字練習ができるタブレット教材おすすめ3選を紹介します!

タブレットで漢字を学習するメリットなども解説するので、ぜひ参考にしてください。

ざっくりまとめると…
  • タブレット学習では、動画で理解しやすい
  • 漢字の成り立ち・意味を分かりやすく理解できる!
  • タブレットの方が取り組んでくれやすいという声も
  • 基礎をしっかり学ぶなら「チャレンジタッチ
  • 漢検対策を意識するなら「スマイルゼミ
  • 中学受験を意識するなら「Z会の通信教育
チャレンジタッチ公式サイトキャプチャ

\小学生利用者数No.1/

資料請求・入会はこちら

進研ゼミ公式サイトに飛びます

進研ゼミ公式URL:
https://sho.benesse.co.jp/

漢字練習ができる小学生向けタブレット学習

進研ゼミ小学講座(チャレンジタッチ)

チャレンジタッチ公式サイトキャプチャ
公式HP https://sho.benesse.co.jp/
料金(税込) 【小1】3,180円/月
【小2】3,180円/月
【小3】3,740円/月
【小4】4,530円/月
【小5】5,420円/月
【小6】5,830円/月
おすすめ度
  • 小学生利用者数No.1のタブレット教材
  • 月額料金は最安クラス
  • 子どもがやる気になってくれると口コミで評判
  • 追加料金0円で電子書籍約1000冊を全て読める
  • 赤ペン先生記述力指導(毎月)
  • 仲間と一緒に勉強できる生配信オンライン授業あり

チャレンジタッチでは、新しく習う漢字の書き順や文字の形を「チャレンジタッチ」というシステムが判定してくれます。

アニメーションの解説を見ながら、画面上に映る文字をなぞる形で漢字を書くという形式で漢字を学習します。

なので、正しい書き順で綺麗な漢字を書く癖をつけることができます。

この「チャレンジタッチ」という機能は、新しい漢字の学習や正しい書き方で漢字が書けるのかを確認する問題のときのみ利用できます。

小学校の勉強に遅れたくないお子様におすすめです。

\小学生利用者数No.1/

資料請求・入会はこちら

進研ゼミ公式サイトに飛びます

進研ゼミ公式URL:
https://sho.benesse.co.jp/

チャレンジタッチの評判は?他社との違い・料金・最新の口コミを紹介!チャレンジタッチを実際に受講されている方に、ぶっちゃけ話でインタビューをしてみました。この記事では、チャレンジタッチの良い口コミ評判・悪い口コミ評判を本音で解説します。...

スマイルゼミ小学生コース

公式HP https://smile-zemi.jp/shogaku/
料金(税込) 【小1】3,278円/月
【小2】3,520円/月
【小3】4,180円/月
【小4】4,840円/月
【小5】5,720円/月
【小6】6,270円/月
おすすめ度
  • タブレット1台に完結しているから教材の管理が楽
  • チャレンジタッチと比べると、遊び要素は少なくシンプル
  • お子さん一人でも迷わず学習に取り組める
  • 書く学びに強く、ペンの使い心地が良い
  • 口コミや評判ではタブレットに手をついても書けると高評価
  • 中学3年生まで先取りで学べる

スマイルゼミ小学生コースでは、教科書の内容より少しレベルの高い漢字の練習ができます。

教科書の内容を超えているため、説明がとても丁寧です。

また、タブレットとタッチペンの性能が良いため、本当に紙に書いているかのように漢字の書き取りが勉強できます。

教科書の内容以外にも「漢検ドリル」という教材も用意されており、漢検の対策問題も用意されていることが特徴として挙げられます。

教科書の内容は一通り理解しているお子様におすすめです。

\タブレット1台で完結/

とりあえず資料請求する(無料)

スマイルゼミ公式HPに飛びます

スマイルゼミ公式HP:
https://smile-zemi.jp/shogaku/

スマイルゼミ小学生コースの口コミは?英語やゲームの評判、料金を紹介【最新版】話題の「スマイルゼミ」の小学生コースの評判ってどうなの?この記事では、スマイルゼミの口コミ、料金、他のタブレット学習教材と比べた時のメリット・デメリットを包み隠さずお伝えします!...

Z会の通信教育

公式HP https://www.zkai.co.jp/el/
料金(税込) 【小1】2,992円/月
【小2】3,366円/月
【小3】5,984円/月
【小4】6,451円/月
【小5】7,012円/月
【小6】7,480円/月
※小学生タブレットコースの料金
おすすめ度
  • 「考える力」をはぐくむのがモットー
  • 丁寧な添削指導あり
  • 基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習できる
  • 充実したサポートサービス
  • 中学受験の対策にも使える

Z会の通信教育のタブレット学習では、教科書に準拠せずに完全にオリジナルの教材で勉強を進めるのが特徴です。

漢字に関しても学校で習った順番で学習するわけではありません。

Z会の専用アプリには学習カレンダーがあり、お子さんに合わせた無理のない漢字の学習を進められるのも特徴です。

勉強に対してモチベーションや意識が高いお子様におすすめです。

\考える力が身につく/

とりあえず資料請求する(無料)

Z会の公式HPに飛びます

Z会 公式HP:
https://www.zkai.co.jp/el/

Z会小学生タブレットコースの口コミを辛口評価【ダメな評判もあり】一体どの口コミが真実なのか… ネット上にはタブレット教材の様々な口コミ・評判が出回っています。 「Z会は最高!」 「Z会は...

タブレット学習で漢字練習するメリットは?

漢字を学習するだけなら紙でもいいかなと思われている方もいるかと思います。

むらなか
むらなか
しかし、私は漢字こそタブレットで学習すべきであると考えています。

なぜかというと、漢字の成り立ちについて動画で分かりやすく解説されているからです。

漢字の勉強というと単に読み書きをすることが勉強だと思われている方もいるかと思いますが、実際にはその漢字が持つ意味や成り立ちを知ることが重要です。

数学でも公式そのものよりもどういった場面で使用することができるか?が重要なのと一緒です。

ICT教育に関するWebメディア「EdTechZine」の調査では、子どもの漢字学習について、タブレットを推奨する学習内容を質問した結果が明らかとなっています。

出典:漢字のタブレット学習を推奨しない保護者は2%以下、カラー・動画などでわかりやすいことが最大のメリット【千調査】

漢字学習でタブレットを活用する理由では、「漢字の成り立ち・意味を知ること」がもっとも多いことが分かります。

「漢字を読める」ことについても、タブレット学習では音声で読み上げてくれるので、耳で覚えることもできます。

以上のように、動画で漢字の成り立ちを分かりやすく解説しているタブレット学習こそ漢字の学習に最も適した勉強法であると考えています。

タブレット学習で漢字練習はできるの?

動画や音声を使って、漢字の意味や読み方を勉強できる

学校や塾などでは、漢字の学習というと書き取りが中心になってくることが非常に多く、読み方や意味などは説明されるだけで終わってしまうケースが非常に多いです。

人間は何かを学習する際には多くの感覚を使うと記憶に残りやすいことが知られています。

タブレット学習では動画や音声で視覚も使って勉強できるため、学校や塾で勉強するよりも遙かに効率が良いです。

タブレット画面にタッチペンで書いて練習できる

タブレットで漢字の練習をするには専用のタッチペンを用います。

低学年のお子さんでも持ちやすく設計されており、紙に書くのと感覚は変わりません。

書き間違えをしても消しゴムのカスなどが出る心配もなく、机の上を清潔な状態に保ちながら勉強できます。

書き順に関してもAIが細かいところまで自動でチェックしてくれるので、その場で間違いに気付くことが出来ます。何より文字が綺麗になるのでおすすめです。

子どものペースで楽しく漢字学習ができる

漢字の学習は読みや書きが中心になるため、どうしても漢字をひたすら書くという作業になりがちです。

そんな作業ではお子さんのやる気を引き出すことは出来ません。そこでタブレット学習の出番です。

タブレット学習では、

  • 分かりやすく面白い動画
  • ゲーム性のある学習の進め方
  • キャラクターが画面越しに褒めてくれる

といった子供が学習に退屈しないよう、あらゆる工夫が散りばめられています。

学習計画も立てることができるので、無理なく漢字の勉強ができるのも魅力の一つです。

【2022年12月】小学生におすすめのタブレット学習教材ランキング【徹底比較】【最新版】小学生におすすめのタブレット学習教材を徹底比較し、ランキング形式でご紹介!基礎から応用まで、目的別に詳しく解説します。一覧で比較できるランキング表も用意しているので必見です...
ABOUT ME
むらなか
筑波大学国際総合学類出身。在学中は地方議員手伝い・プログラミング学習支援・キャリア支援などを行う。現在はITベンチャー企業で働きながら、教育ブログ「タブレット学習ライフ」を運営。