通信教育

チャレンジタッチの解約は電話のみ?いつまでに手続きしないといけない?

 

チャレンジタッチの評判は?他社との違い・料金・最新の口コミを紹介!チャレンジタッチを実際に受講されている方に、ぶっちゃけ話でインタビューをしてみました。この記事では、チャレンジタッチの良い口コミ評判・悪い口コミ評判を本音で解説します。...

チャレンジタッチの解約方法

解約方法は電話のみ

チャレンジタッチの解約は、電話でのみ、受け付けています。

電話番号は0120‐977‐377、IP電話の場合は042‐679‐8561 です。

受付時間は年末年始をのぞいて、9:00~21:00です。

webの会員ページのお客様サポートにログインしても、退会手続きはできないので、注意してください。

フリーダイヤルなので通話料金はかかりませんが、一部のIP電話と、海外からの電話は通話料がかかります。

電話では、会員番号が必要になります。教材の宛名などに印刷されている10桁の数字です。

退会理由を聞かれたら、「子どもが興味を示さない」などと簡潔に答えれば大丈夫です。
引き止められることはありません。

退会したい月の前月1日までに連絡が必要

チャレンジタッチを退会したい月号の前月1日までの連絡が必要です。

8月号から退会したい場合は、7月1日までの連絡が必要で、それを過ぎると、9月号からの退会となり、費用が1か月分余計にかかります。

退会しようか悩んでいる方は、1日までと2日からでは1か月分費用が違ってくるので、決めたら早めに手続きをしたほうがよさそうです。

新学年4月号から退会する場合は前々月の25日、つまり2月25日までに連絡する必要があるので、注意してください。

解約後にタブレットの返却は不要

退会しても、タブレットは返却しなくてよいので、そのまま使用できます。

すでに受講したメイン教材は、次年度の3月24日まで利用できます。

例えば、小3の8月号から退会した場合、小3の4月〜7月のメイン教材は、小4の3月24日まで利用できます。

ただし、小6の場合は、小学講座の期間までしか利用できません。

ひみつきちスペシャル講座は最終受講月の24日まで利用できます。

8月号から退会すれば、7月24日まで利用できます。

まなびライブラリーは、退会しても3か月目の24日まで使えます。

8月号から退会すれば、10月24日まで利用できます。

また、一度退会して、再入会する場合は、新たなタブレットは配布されません。

チャレンジタッチを解約すると違約金はかかる?

契約から6ヶ月未満解約はタブレット代金が発生

チャレンジタッチを解約しても違約金はかかりません。

違約金はありませんが、6ヶ月未満で解約した場合は、タブレット代9,900円が発生します。

ただし、「受講月数にかかわらずタブレット代0円」や「返却すればタブレット代0円」というキャンペーンで入会した方は、6ヶ月未満で解約しても、タブレット代9,900円は発生しません。

もちろん、6ヶ月以上受講すれば、解約時にタブレット代は発生しません。

例えば5ヶ月で解約すると、5ヶ月分の受講料とタブレット代9,900円がかかりますが、6ヶ月受講してから解約する場合は6ヶ月分の受講料のみです。

5ヶ月で解約するよりも、6ヶ月受講してから解約したほうが、お得です。

チャレンジタッチを一括年払いしていた場合に返金はある?

チャレンジタッチの受講費は、毎月払い・6ヶ月分一括払い・12ヶ月分一括払いの3種類があります。

12ヶ月分一括払いが最もお得ですが、12ヶ月より前に退会した時、一括で支払った受講費の返金があるか心配ですよね。

チャレンジタッチでは、一括払いをした場合でも、退会の時にきちんと精算してくれます。
例えば12ヶ月分一括払いをした小3の受講生が途中解約した時の精算は、次のようになります。

①3ヶ月で退会の例

12ヶ月分一括払いから毎月払いの3ヶ月分とタブレット代を引いて、21,510円の返金です。

②10ヶ月で退会の例

12ヶ月分一括払いから6ヶ月一括払い分と毎月払い 4ヶ月分を引いて、1,720円の返金です。

チャレンジタッチを解約せず休会はできる?

チャレンジタッチは、継続的な受講をすすめているので、休会制度がありません。

ですから、休会する場合は、いったん退会手続きをして、改めて再入会の手続きをすることになります。

退会の手続きは、冒頭で解説したように、電話のみで受け付けています。

再入会の手続きはwebからできるので、再開するのは簡単です。

再入会の時に気を付けなければならないのは、新しいタブレットが送られてこないということです。

以前のタブレットを、再び使用します。

紛失したり、処分したりしてしまった場合は、有料で購入することになります。

税込19,800円の出費となるので、再開する可能性がある場合は、タブレットを大切に保管しておきましょう。